ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第86回英ちゃんの会は天然河豚
世の中旨いものは数あれど究極に旨いのは天然河豚なり。高校時代から食べ歩き始め勝山通りの今は無きトミーに通い詰め洋食を身につけ、北新地を回り始めたのは18歳の頃からでしたでしょうか、今はなくなってしまったステーキ・カレーのオリンピック、御堂筋より東側にあったステーキのにしじまとその北側のイタリアンと云うよりピッツァの店フロリダ、阪急東通りから少し入ったところのタンシチューの店梅川などなど思い出は限りありません。最初の訪仏は1976年で、ひょんなことから親しくなった上柿元勝氏のフランス料理を食べ尽くしフランス遠征は1993年まで続きました。その間☆付きのレストランは何軒訪れたかは記憶に定かではありませんが特に気に入って通ったのはランスのボワイエ。料理評論家の諸氏よりも食べ歩きについてはキャリアがあるかも知れませんがこんな私が誰よりも信頼するのが英ちゃんのご主人福田光宏氏であります。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 02:54 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2006年12月16日
All Rights Reserved./Skin:oct