ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Heidi Schroeck Grauburgunder 2004
v12-06.jpgオーストリアのワインはキャップシールに特徴があります。そのトップに国旗のカラーを施してあり、知っている人にはすぐ分かるという仕組みです。作り手はオーストリアのハイディ・シュレック、覚えやすい名前ですね、HPはエチケットに書いてありました。で、このグラウブルグンダーと云う品種、どこかで聞いたことがありますがあまり飲んだ覚えがないので調べてみるとルーレンダーの別名とのこと。しかしルーレンダーも記憶に定かではないのでまた別に調べるとシュペートブルグンダーの突然変異種でフランスのピノ・グリと同一品種であるとの記載を見付けました。葡萄品種はところ変われば名前、呼び名は変わるものです。最近ではボルドーに古くから使われていたカルメネールが脚光を浴びていますが、これはチリで紅葉することで再発見された品種でありそれまでは他の品種として扱われてきました。





▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 08:11 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2006年12月06日
All Rights Reserved./Skin:oct