ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Tesch Riesling-Unplugged 2005
v12-01.jpgこれがドイツワインか?と誰もが疑うであろう超辛口テッシュのワインです。昔的にワインの詳細を述べると Nahe Riesling Trocken qmp Kabinett 2005 Weingut Tesch といったところでしょうか。時代が変わるとワインのラベルも変わりますし味も香りも面白い程変わるものです。私がワインに親しみ始めた頃ドイツワインと云えば断然ラインガウ、その中でもシュタインベルガーやシュロス・ヨハネスベルガーのベーレンやトロッケン・ベーレン・アウスレーゼが王座に君臨しておりました。しかし今はどうでしょうか? ドイツワインのそういった甘口は(言い方は悪いかも知れませんが)「老人向けワイン」としてギフト市場に僅かに見られるだけになってしまいました。イケムをはじめとするソーテルヌこそ評価本に載っているためレストランのワインリストに見掛けますがドイツワインの高価なものは殆ど目にすることはありません。しかし例の見本市などの会場にブースを張る不凍液事件の張本人が経営するいかがわしいワイン業者はまだ健在なので注意する必要があります。





▼続きを読む
| ワイン日記::ドイツワイン |
| 09:27 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年12月01日
All Rights Reserved./Skin:oct