ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Macon-Milly-Lamartine 2002 AC Macon-Villages Les Heritiers du Comte Lafon
v11-25.jpg話のタネにと開けてはみましたが・・・。何年か前に話題になったワインであの生意気なブリュノが関与しているであるらしいマコン・ヴィラージュのもの。あれは確か1989年でしたでしょうか、アポイントを取っていたにも拘わらずセラーに入る前にまるで首実検のような扱いを受けたとあるドメーヌ。で、ようやく中に招き入れられたと思ったらそれこそ夥しい砂糖の袋の山。「これ何に使うの・・・?」と訊けば「ワイン造りに欠かせないもの、そんなことも知らないのか・・・」と言ってのけたのがこの若造。こんな醸造所が引く手数多とはパーカー・Jr.の功罪と言えるのではないでしょうか? テイスティングするにもすぐ手がベトベトになってしまう有様で世間の評価とはまったく違った印象を受けた蔵でした。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:20 AM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/01/26 01:34 AM |
gongon415 |2007/01/25 06:38 PM |
Georges |2007/01/24 11:11 AM |
gongon415 |2007/01/24 10:42 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年11月26日
All Rights Reserved./Skin:oct