ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

上海蟹について
この時期になるとやたら騒がれるのが異国の蟹、「どこそこの湖のが一番!」「それは陽澄湖」「ヤンチャンフーと読むの・・・」などの会話が聞こえてきそうであります。ワインと同じで本物を知らない人が大勢いるところに蔓延るのが偽物です。こんなHPもありますのでご覧下さい。大閘蟹ダーチャーシエ(イントネーションが難しいですが)と云わないと中国では通用しませんが、我が国日本ではズワイガニ漁が解禁になっています。結論から申し上げますと異国の原産地を特定するのが至難の業である蟹を高い値段を出して挑戦するより、信頼出来る業者から買う松葉蟹もしくは香箱蟹(こっぺ蟹、セコガニ)を食べる方が余程リーズナブルであります。





▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 09:48 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年11月15日
All Rights Reserved./Skin:oct