ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Villa Jolanda Prosecco Crown Veneto IGT Vino Frizzante
v11-09.jpgサーバーがダウンしてしまったのでしょうか、書き込み不能になってしまい更新が遅れてしまいました。ドメインを取得して1Gのサーバーと契約しましたので広告など無くなりスッキリした形で見て頂くことになります。さてこのワイン、Crown とある通り「王冠」で栓してある微発泡の辛口白ワインです。ヴィノ・フリッツァンテは赤泡のアッソーロ・レッジャーノを好んでよく飲んでいますが、このプロセッコ種のワインは泡立ちがかなり控えめでそれもボコボコときめは粗いものであります。辛口でスッキリとはしているもののもう少し細かい気泡が欲しいと思います。
さてこの王冠なのですがシャンパーニュ地方における第2次醗酵は殆どがこの恩恵を被っているはずであります。クリュッグ社のレミー氏は「当社は第2次醗酵に4年から7年もかけるので王冠が必要」と私に言われたのですがそこですかさず私が申し上げたのが「それならデゴルジュマンの後も王冠で良いのではないか・・・?」と切り出すと一笑に付して「我が社は伝統を重んじるのでコルクを使う」と言い返したのであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 09:01 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年11月10日
All Rights Reserved./Skin:oct