ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第258回ワインを楽しむ会
qp258-04.jpg毎月一度今日で21年6ヶ月目になるワインと食事の会です。「ワインは食事と共に楽しむもの」でありワインと食べ物の調和が必要と考えております。まずアミューズに鮪とドライ・フルーツトマトが出てきたのでこれにはジュラのシャルドネを合わせてみました。このジュラのワインはなかなか優れもので日本料理にも中華にも合いそうな感じのシャルドネであります。一品目の前菜は田中シェフ得意のキノコのテリーヌ。付け合わせにシブレット入りのクリームに赤蕪と青い野菜のサラダが添えられこれにはブルゴーニュ・シャルドネの94を合わせてみました。キノコの香りと熟成したシャルドネの取り合わせは常識的かも知れませんがバッチリです。で、その次の前菜2皿目は「シャラン産鴨の温かいサラダ」です。他のレストランならメインの料理として出てきても決して不思議ではないボリューム、鴨肉も柔らかくてとてもジューシー。これにはカオールとキアンティ・クラシコとの2種類を合わせてみました。


▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 09:54 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年11月09日
All Rights Reserved./Skin:oct