ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボニリジャパン10月の定例試飲会
主に酒屋さんとインポーター各社が集まり試飲するのですが今日はインポーターは一社だけ、少し寂しい会になってしまいました。フランスワインを十数種類、イタリアのキアンティ、スペインのシェリーなどテイスティングしましたがブショネが2本、これと云った目立った物は私にはありませんでした。中でもフィリップ・ルクレールのワイン、シャンボール・ミュズィニーの03ですがアペラシオンを全く感じないワインでした。サンセール2001年キュヴェ・ピエール・エティエンヌ、ジョセフ・メローですが新樽熟成なのでしょう、樽のエキスがワインを邪魔している典型でしょう。私なら輸入はしませんが・・・。





▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 09:31 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月27日
All Rights Reserved./Skin:oct