ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Cava Xaloc Brut NV Penedes
vins10-17.jpgスペインはバルセロナの近くペネデスに12世紀から続くワイナリーとか。葡萄品種はシャレッロ40%、マカベウ30%、それにパレリャーダ30%とのことです。この種の泡としては結構香り高く辛口なので食事にはよく合うと思います。ラベルも面白いですし。ユーロ高が続きクレマン・ド・ブルゴーニュやクレマン・ダルザスが高騰しているのでカヴァの高品質なモノを求めたいところです。アメリカ向けの物が多く味の濃い甘めのモノばかりが目立ちますがこのカヴァは至ってナチュラル。難を申し上げると泡の粒が少し粗いことでしょうか、しかしこの価格(定価で1400円)では致し方ないでしょうね。
さて友里征耶氏にピッタリ寄り添っていたと思われる人物が変わった表現をされているのでご紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。この中でカッパ巻きの写真の左側の文章をご覧下さい。「海のテロワール(風味)溢れるお味」という表現ですが、どうもテロワールという言葉の意味を誤解されているようです。さらにその次には、「世界各地のマグロのテロワールとはどんなものなのか?」さらにその下の方には「個性豊かな大トロのテロワールを食す」と記されておられますがますます意味不明であります。

▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 10:16 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月25日
All Rights Reserved./Skin:oct