ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Fairvalley Pinotage 2004 South Africa
vins10-15.jpg南アフリカはコースタル・リージョンで造られるこの地特有の品種ピノタージュ(ピノ・ノワールとサンソーをかけ合わせた品種)100%のワインです。裏ラベルにはこのワイナリーは労働者が作ったアソシエーションであることが説明されています。定価で1300円というお安い価格ながら結構しっかりした果実味と程良い酸味のバランスが取れておりお薦めであります。残留亜硫酸レベルは低いですし香りが良いのが特徴でしょうか、最近気に入っている薩摩赤鶏の腿を炙って食べるのにはとてもよく合います。
このワインはスクリュー・キャップなのですが、スクリュー・キャップは結構漏れてしまうことを先日知ってしまいました。スクリュー・キャップならブショネは防ぐことが出来ても漏れに関してはまだまだ問題があると云うことです。それならガラスの栓ならどうなのでしょうか? 私はまだガラス栓を使ったワインに遭遇したことがありません。どなたかガラス栓のワインを飲まれたことありますでしょうか?





| ワイン日記::その他ワイン |
| 04:13 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月22日
All Rights Reserved./Skin:oct