ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

このお店のお薦めは何と云っても「刺身盛り合わせ」であります。
つばす、鮪中トロ、紋甲烏賊、鯛をそれぞれ3切れずつの盛り合わせで何と¥840とは激安であります。スーパーの刺し盛りよりお安いですし何と云っても新鮮です。もちろん注文してからオヤジの包丁が入ります。残念なのは山葵が合わせ、醤油も普通の濃口。
uosho-01.jpgで、次にお薦めが自家製干物なのです。今日は北海道オヤジのお薦め水産会社の生サンマを自分で開きにして一夜干しする干物。焼き加減も実に絶妙。これが600円とか高くて800円位。大きさは特大クラスなので丸々と肥えています。脂ののりも最高ですがもうそろそろ終わりとのことです。
uosho-02.jpg遠いところからのお客は例の取り締まりのせいで減っているようですのでお近くの方は是非お立寄り下さい。
場所は新御堂カルフールの次の北側信号を東へ入ったところ。
日曜と第1第3月曜がお休み、22時半がラストオーダー。

| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 05:53 PM | comments (0) | trackback (x) |

Chateau de Cruzeau 2000 AC Pessac-Leognan
先ずはセラーに残っていたグラーヴの白ワインを一杯引っかけてから箕面山麓の繁盛店へお出かけ。このワイン、ヴィンテージはドゥーミル、即ち世紀末最後の年であります。色は少し青みが飛んでしまった黄金色、香りは果実香とは言い難く樽のニュアンスがまだまだ強烈であります。味わいはと云うと私には好きになれないワインの一つであります。ワインは嗜好品であり好き嫌いは致し方ありません。世間の評価と自分の判断は違って当たり前と思います。評価の高い物は即、ご自分にとって旨いと判断されるのは専ら早計としか申せません。人それぞれ好き嫌いは必ずあるものです。最近こそ全く話題になりませんがブレンデルと云うピアニスト、全く好きにはなれません。またアルゲリッチも私の好みではありません。音楽空間を表現出来ないピアニスト、世の中には結構いるものです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:05 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月20日
All Rights Reserved./Skin:oct