ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

北山まとのさんが祇園へ
10年振りに戻られ今月から営業されているのは先日申し上げましたが場所は四条川端から一つ東の信号機を南へ団栗の角を通り過ぎ左手きんなべの南隣です。定休日は北山のときと同じで毎週水曜日と第3火曜日のようです。建仁寺界隈は新店ラッシュみたいですね、団栗手前の左側には炭火焼の店がオープンしていましたし有名店さゝ木の新しいお店も建仁寺のすぐそば。祇園南側にはこれからお店が増えるでしょうね、これも飲酒運転取り締まり強化の影響ではないでしょうか? 一部の店を除き郊外型の店舗は苦戦を強いられているようです。

| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 05:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

Savigny-les-Beaune 1'er Cru Les Serpentieres 1994 Domaine Simon Bize
winebar1018-01.jpgさて昨日アップ出来なかったのがこのワインです。新町六角西、瓢樹裏手の蔵を改造したワインバーで開けて頂いたリスト外のワインであります。このワインについてはドメーヌのHPに大変詳しく書いてありますのでこちらをご覧下さい。このページの面白いのは飲み方について写真で示してあることでしょう。飲み頃でデカンタしない方が良いものとデカンタした方が良いもの、そしてセラーで寝かせた方が良いものなど一目で判るようになっていますし、所有する畑の位置も一目瞭然。他のドメーヌもこんなところを見習って貰いたいと考えます。
さてこのワイン、ソムリエ氏はHPを知ってか知らずかパニエに入れてそのままグラスに注いでくれました。コルクの状態はぎりぎりセーフと云ったところでしょうか、色は少しオレンジがかっていて香りは少しピークを過ぎているような印象です。ピノの艶めかしい香りというより単純な熟成香でしょうか、味わいはまだまだタンニンがしっかりしておりますが酸は程良くこなれています。何か食べようにもお腹が一杯でワインだけ飲んでいたら少し物足りなさを感じてしまいます。あと数年は楽しめそうな感じですが食事と共に楽しみたい一本であります。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:06 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月19日
All Rights Reserved./Skin:oct