ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sander Sauvignon Blanc 2004 Rheinhessen
vins10-01.jpgテントウ虫のワイン、ソーヴィニョン・ブラン、表にはヴィンテージがないのでオーストラリアかニュージーランドかと思いましたが何とドイツワインでした。最近のドイツワイン事情はよく知りませんがリースリングやその改良品種ではなくソーヴィニョンを使い始めたことは事実ですね。昔では考えられなかったことですが時代の流れと云うことでしょうか? ドイツワインが隆盛を極めていたのはもう随分昔のお話しになってしまいました。ドイツワイン専門のインポーターが何社もありましたね、トラウベとかツィンマーマンとか横文字の会社もかなりあったように思いますが殆ど消えました。しかししつこく残っているのがあの不凍液事件の張本人、あんな会社が今現在に至るまで営業を続けられるなんて日本のワイン愛飲者が甘過ぎるという他ありません。ワインを扱う業者には良心的なところもありますがとんでもない輩もいることをもっと認識頂きたいと考えます。







▼続きを読む
| ワイン日記::ドイツワイン |
| 10:07 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年10月01日
All Rights Reserved./Skin:oct