ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Châteauneuf-du-Pape Cuvée Tradition 2000 Château du Mourre du Tendre
vins9-18.jpg壊れたセラーの中にあった一連のワインであり、保管状況が悪いことだけは予めご了承頂きたいと思います。

購入したのは2004年の10月、輸入元の当時の触れ込みはこんな感じ

栽培されているぶどう品種はグルナッシュが80%、ムールヴェードル15%、シラーは5%。総面積は20ha, うちパプは2ha、残りはローヌおよびヴィラージュに使用されます。

ローヌに使用されるぶどうの平均樹齢は40~50年、ヴィラージュは60年以上、パプに至っては85年から105年ほどの古木も使用されます。

収穫は全て手作業、除梗は行いません。

そのため、タンニンたっぷりのがっしりしたワインができますが、それを樽に頼らずステンレスとコンクリートタンクを見事に使いこなし、時間をかけてじっくり仕上げていきます
」。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:58 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年09月21日
All Rights Reserved./Skin:oct