ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chateau Fonbadet 1974 AC Pauillac Pierre Peyronie
vins9-14.jpgボルドーはポーイヤック村の中堅処といったシャトーですがこのヴィンテージを造っていたときは約15ヘクタール、現在はクリュ・ブルジョワになっていて面積は20ヘクタールになっています。葡萄品種構成はカベソー60%、メルロー20%、カベルネ・フラン15%にプティ・ヴェルドが5%となっていますがこれは植え付け面積ですのでワインには直接反映していないのが実際であります。事実プティ・ヴェルドなんかは滅多に豊作な年はありませんし、単一品種だけで造る年もあるはずです。ワインは30年以上経過しているのでさすがにフレッシュ感はありませんが古ぼけてもいません。レバーモデルで抜栓するとコルクは意外にしっかりしているので恐らくリコルクかなと思ったのですが、抜き去ると凄い着色なのでオリジナルのままだと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:54 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年09月15日
All Rights Reserved./Skin:oct