ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Vin d'Alsace Riesling Cuv?e Fr?d?ric ?mile 1993 Fut 4 Maison Trimbach
vinsjuillet-007.jpg壊れたセラーの棚の一番下に置いてあったワインの中から見つけました。

一見するとトリンバックのキュヴェ・フレデリック・エミールですが右側に樽のようなマークが付いています。

一般に売られているかどうかは分かりませんがこれはマロラクティック醗酵させたものです。

トリンバックではこの他にも Fut 27 とか特別に造ったワインがありますが現在日本に輸入されているかどうかは分かりません。

Fut 4 はマロラクティック醗酵させたものと述べましたが普通のフレデリック・エミールはこれをしません。

リンゴ酸を乳酸菌の作用で乳酸に分解することをマロラクティック醗酵というのですが、このことを「乳酸発酵」と称するワインの先生がおられるのは呆れてしまいます。

トリンバック社ではグラン・クリュを敢えて表示していません。

アルザス・グラン・クリュには反対の立場に立つ生産者であります。

アルザス・グラン・クリュと表示するワインにろくなものがないのはアルザスワインを好きな方にはご理解頂けると思いますが如何でしょうか?

さてこのフレデリック・エミールの特別キュヴェはサーモスタットの壊れたセラーの中で奇跡的に存命しておりました。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:52 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2006/07/14 07:33 PM |
Midoc |2006/07/14 07:33 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年07月09日
All Rights Reserved./Skin:oct