ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Hautes C?tes de Nuits Blanc 2004 Domaine Gros Fr?res et Soeur
評価本では2003年のボルドーまたブルゴーニュに高い得点が付いているようですが私は殆ど買うことはありません。物を売ろうと思えば例え悪い年であっても「今年の葡萄の出来は21世紀始まって以来最高の」とかの形容詞を平気でお付けになります。毎年ボージョレ・プリムールがテレビでどう報道されるか思い出して頂ければご理解頂けると思いますが如何でしょうか? さて何故買わないかと申しますとブルゴーニュワイン生産者の多くが補酸しているからです。補糖も好きではありませんがより好ましくないのはこの行為であります。ワインというモノ甘酸のバランスが取れてこそ美味しく感じる訳で本来辛口のワインが甘くては売り物になりませんし、INAOの検査にも合格しません。生産者は分かっていても正直に現状を暴露する者は誰一人おりません。毎年日照が少ない地域にとっては最良の年となったかも知れませんが、中心部コート・ドールで凄いワインが生まれたとは思いません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:30 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年05月22日
All Rights Reserved./Skin:oct