ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

昔よく飲んだシャンパーニュ
vindujour-031.jpg美味しかった頃のクリュッグ、グラン・キュヴェです。セラーの片隅にくすぶっていましたが残念ながらこれは空瓶です。裏ラベルは三楽レミーとなっているので1980年代後半のものと思われます。この頃食通、ワイン通と云われた人々の間でシャンパーニュと云えば「ドン・ペリニョン」全盛で、クリュッグを好んで飲む人はごく少数でした。この頃の社長はアンリ・クリュッグでコニャックのレミー傘下ではありましたが品質第一主義でワイン造りを行っていました。私は80年代は頻繁にフランスに行っておりましたのでクリュッグ社へもよく足を運びました。一番旨かったのは以前申し上げたと思いますがアンリの招待で訪れたランス駅前当時一つ星ル・フローレンスで頂いたクロ・デュ・メニルのファースト・ヴィンテージ1979年。止めどなく立ち上る細かい泡と馥郁たる香りは忘れられません。


▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 06:06 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年05月15日
All Rights Reserved./Skin:oct