ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワイン大学第254回ル・ポン・ド・シェル
ワイン大学でこのレストランは2回目になりますが今回は新しいシェフ、パスカル・ロニョン氏のお料理です。私はフランス人シェフ初代のメディグ・フレデリック氏の頃からお邪魔させて頂き、シャトー・ムートンのバロンヌ・フィリピーヌ・ド・ロッチルドを招いて関西財界のメンバーと引き合わせたのもこのレストランです。思い返せばかなり長いお付き合いですが夜景は相変わらず素晴らしいので是非訪れて頂きたいレストランであります。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 10:15 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年04月27日
All Rights Reserved./Skin:oct