ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

最近の香港事情
5月の香港ヴィネスポに行こうと香港のレストランを検索していたら香港美食探訪にたどり着きました。このページの管理人さんは現在休養中とのことですが、レストランガイドなど実にご立派だと思います。私自身パスポートにハンコが押せないほど通った香港ですが中国に返還されてからやはりかなり事情が違ってきたようです。私が通ったのは今から約23年前から12年間ほどのことです。まずは香港島側湾仔の福臨門、そして新同樂、麗晶軒、凱悦軒、さらにはまだチムシャツイの確かモディーロードにあった頃の福臨門、半島酒店のスプリングムーン同じくこのホテルの正統派フレンチのガディス、農軒、麒麟金閣、それから金巴利道に移転した福臨門など数え切れないほどのレストランを訪問してきました。後年になって夏宮、農圃、満福楼、ユンキー(金偏に庸と書く字に記)、金葉庭とだんだんと好みが変わってきました。





▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 12:11 AM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年03月24日
All Rights Reserved./Skin:oct