ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Langenlonsheimer Löhrerberg Riesling Spätlese Trocken Weingut Tesch Nahe
winediary-046.jpg先日のドイツワインに衝撃を受けたので早速その新しいヴィンテージとその親戚筋?を取り寄せました。
まずは後者からですがご覧の通りエチケットには1723年創立の会社名と畑の名前葡萄品種とヴィンテージの記載しかありません。
裏にはその詳細とAPナンバーの記載があります。ナーエ地区ランゲンロンスハイマー・ローラーベルグのリースリング、シュペートレーゼ・トロッケンと云うのがワインの名称です。

私の場合「ナーエ」と云ったらやたら甘いワインという印象がありましたがこの生産者はそれを払拭してくれました。調べてみると生産者マーティン・テッシュ氏は何と微生物学者なのです。1997年にこのワイナリーを継いでから5年経った2002年ヴィンテージより全てのワインを辛口に切り替えたということです。
▼続きを読む
| ワイン日記::ドイツワイン |
| 12:09 AM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年03月22日
All Rights Reserved./Skin:oct