ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chateau Les Sources de la Marine Les G?n?rations 2002 AC Costi?res de N?mes
winediary-039.jpgアラン・&・ジョルジュ・テソニエールという兄弟が造っているコスティエール・ド・ニームの赤ワインです。この地のワインではシャンタル・コントおばさんの造るチュイルリーをよく飲ませて頂きましたが、こちらは全く違った辛口仕立て、私の好みであります。原産地名称ですが「ヴァン・ド・ペイ、V.D.Q.S.を経て、1986年に A.O.C.昇格。1989年、コスティエール・デュ・ガールから改名」ということです。
私の所有している「赤本」には VDQS Costi?res du Gards の赤用品種についてはこのような記載があります。Terret noir, Carignan, Aramon, Aspiran noir et gris, Cinsault, Mourv?dre, Grenache, Syrah, ?illade, Counoise と10種以上になりますが、ネットで見る限りローヌのそれと同じみたいですね。そもそもこのニームと云う町はアヴィニョンからすぐ西にあり、行政分類上ラングドック・ルーションですがローヌのワインとして扱うべきでしょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:54 AM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年03月17日
All Rights Reserved./Skin:oct