ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Ch?ne Peyraille Bergerac Ros? 2004 AC Bergerac Les Vignerons de Sigoul?s
winediary-037.jpgヴィニュロン・ド・シグーレのベルジュラックシリーズの最後はロゼ。最近フランスではロゼが大流行とのことですがベルジュラックのロゼというのは数年ぶりに飲みました。色はロゼとしては綺麗な方でしょうか、ローズピンクの典型的な色、香りは甘い目です。当然口に含むと私にとってはかなり甘い目。辛口の私の好みからは外れてしまいます。
寒い夜は鍋に限りますね、六白と呼ばれる黒豚肩ロースの脂を削いでもらってからスライスしてしゃぶしゃぶに。白菜と椎茸、白マイタケに湯葉、おろしポン酢に柚子胡椒で食べるのが私の自己流。
豚しゃぶにロゼ。組み合わせとしては非常によいと思いますがこのベルジュラックでは甘すぎました。ロゼといえばタヴェルが一番好きであります。辛口のロゼがもっともっと流行って貰いたいと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:52 AM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年03月14日
All Rights Reserved./Skin:oct