ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Olio Extra Vergine di Oliva 2004 Grati
oliveoil-002.jpgフランスへよく行ってた1980年代、パリよりは地方へ足が伸びランスのボワイエ・レ・クレイエールにリピートするようになって覚えたのがオリーヴの実の味です。オリエンタルな陶器に黒とグリーンが別々に山盛りで供されますが、日本ではお目にかかったことのない代物。実には種もあり決して食べやすい物ではありませんが、二つ三つと食べていく内に「これは旨いものだ!」とすっかり慣れてしまいました。





▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 05:10 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年03月06日
All Rights Reserved./Skin:oct