ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Riesling Tradition 2003 Weingut Schloss Gobelsburg Kamptal Austria
Riesling Tradition 2003.jpgオーストリアのリースリングですが先日のワイン会でとても甘く感じたので再検証することに。
まずコルクの質は問題ありません、何が問題かというと縦方向に亀裂のあるコルクは私の経験上それが内部にあろうが外部に出ていようがどちらもダメだと思います。次に多孔質であるから当たり前なのですが黒い斑点の大きな物は問題です、ボロボロになりやすいですし。
で、香りですが先日はアルザスのリースリングからすればかなり異質な香りだと感じたのですが、改めて大きなグラスで試してみたらドイツのそれもライン川沿いではないリースリングみたいに思います。色は青みがかった黄金色で輝きがあります。
口に含むとやはりかなりの甘さが感じられ、糖度を測る器具など持ち合わせていませんがドイツワインで云う「シュペートレーゼ」位の糖度はあると思います。





▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 10:55 AM | comments (x) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2006年01月20日
All Rights Reserved./Skin:oct