ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

En Sol des sens Vin de Pays de l'Herault 2004 Domaine Pech Laurier
1109wine.jpg 昼食はカヴォー・ド・シャサーニュ、布施駅南のフレンチバルで人参とクミンのポタージュ、鶏肉のバスク煮込み、自家製パンにサラダ。食後にパコジェットで即座にできる無花果のソルベとコーヒー。9席しかないカウンターのお店ですがランチとしてはマニアには堪らないほどフランスそのままの味をキープしています。ランチメニューはコーヒー付きで850円という安さ! ソルベは300円、フランスに行かれた経験のある方には是非ともお薦めのバルです。
帰り道でいつもの魚屋さんを発見、鮃を買う。キロ6000円で身が厚いモノは夜食べる頃には旨味が増しています。薄造りにして山葵醤油とフルール・ド・セルにエクストラヴァージンで食べ比べると塩・オイルの方がワインにはよく合います。99のカルドンヌを空け、次に開けたのがこの南仏ワイン。刺身に赤ワイン? 気味悪がられるかも知れませんが、新鮮な魚の脂には赤ワインは決して合わないものではありません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 12:00 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年11月09日
All Rights Reserved./Skin:oct