ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Le Fonti Chianti Classico 2002 Conrad M. Schmitt
1108wine.jpg イタリアワインとしては最も安心して飲むことのできる代表銘柄とでも云えば適当かも知れない「キアンティ・クラシコ」。ワイン評論家や雑誌のお薦めとは無縁の生産者が山ほど居ります。
私はコルシーニ伯爵家の Le Corti というキアンティ・クラシコが好きなのですが、よく似た名前を見つけたので飲んでみることに。コルク栓を引き抜くと同時にふわっと広がる親しみやすい香り。グラスに注ぐと色はかなり濃いめです。裏ラベルには「Panzano にある8ヘクタールの自社畑には主にサンジョベーゼと若干のメルローとカベルネ・ソーヴィニョンが植えられ、瓶詰めの前に12ヶ月フレンチオークの樽熟成が施される」との記述があります。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:55 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年11月08日
All Rights Reserved./Skin:oct