ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

レストラン・エソンス・エ・グー
JR高槻から西武高槻方面(北へ)大きな鳥居の信号、天神交差点を西へ曲がってすぐ左手のフレンチです。
関東のフレンチで鍛え上げられただけにメニューの構成、ソース、盛り付け、素材さらにその火の通し方に至るまで完璧を追求しておられます。例えばオマールの前菜などアヴォカドのムースにカレー風味の茄子、そしてアクセントの食感にクルトンを使うなど関西フレンチにはまず見かけない工夫がしっかりとアレンジされています。さらに仔羊の岩塩包みなどこれこそ「ロゼ色」というとても綺麗な色に仕上げ驚くほどの柔らかさはまるで真空調理したみたいな完璧な火の入れ方です。
若いご主人ですが料理の腕は関西随一と云っても過言ではないでしょう。大阪駅から新快速など利用すればそんなに時間が掛かりませんので(20分位)是非ディナーに予約してお出かけ下さい。手頃なランチも地元の人達に好評ですが、ここは本格フレンチをワインと共に楽しむレストランです。ディナータイムに行かれることを是非お勧め致します。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 08:28 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第246回定例会高槻エソンス・エ・グー
MENU 
2461.jpegアミューズ:フォアグラと鶏のジュレの温かいスープ
2462.jpeg冷たい前菜:オマール海老と茄子のフォンダン、カレー風味
2463.jpeg温かい前菜:帆立貝のエチュベ・プロヴァンサル
2464.jpegお魚料理:のどぐろのベルシェ生姜風味ジュー・ド・ペルシ
2465.jpegお肉料理:仔羊の岩塩包み焼き
本日のデセール コーヒー・紅茶・ハーブティー

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:25 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年08月25日
All Rights Reserved./Skin:oct