ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Donna Marzia Negramaro 2003 igt Salento Conti Zecca
0810wine.jpg 南イタリアはプーリア州サレントのワインです。輸入元の説明によると「 南イタリアの地ブドウ、ネグラマーロ種主体のこのワインは熟したベリーやチェリーなどのアロマに溢れ、エレガントな余韻が特徴です」とありますが、まさにその通りです。安いワインですが決して質は悪くありません。
大体葡萄酒と言うモノ、葡萄から造られるので葡萄の風味があって当たり前です。その微妙な果実味の違いこそ品種の違いであると考えます。調べてみるとネグラマーロ70%、マルヴァジーア・ネーラ20%、サンジョヴェーゼとモンテプルチアーノが各5%の混醸とのことです。

私が最近飲んだイタリアワインで最もコストパフォーマンスが良いのがこの生産者のワインです。コンティ・ゼッカの今後は大いに期待できると思います。

| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:51 AM | comments (x) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年08月10日
All Rights Reserved./Skin:oct