ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Tavel 2004 Chateau de Segries
先日美味しいと思ったら売り切れていた2003年を残念がっていたのですが、ようやく2004年ミレジメの登場です。クレーレット種が多いのでしょうか色は明らかに紅色系の輝きのあるピンクです。オレンジ系(悪く云えば玉葱の皮の色)ではなくとても美しい色は一度お試し下さい。
リーブル・ルージュを調べるとセパージュは何と10種類も認可されています。主な品種はグルナッシュ、サンソー、そして次にクレーレット・ブランシュと同じくロゼという表記があるのでクレーレット種にも「分かれ」があるのですね。さらにピクプール、カリトール、ブールブーラン、ムールヴェードル、シラーそしてカリニャンと続きます。
タヴェルはロゼだけのアペラシオンですのでそれなりの重みがあるのでしょう。2004年も大変素晴らしい出来だと思いますが2003年の方が辛口に仕上がり私はどちらかというと2003年の方が好みです。「無い物ねだり」かも知れませんが・・・

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年08月01日
All Rights Reserved./Skin:oct