ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Chablis Cuvee Vieilles Vignes 2004 Domaine Alain Geoffroy
滅多にシャブリは飲みませんがたまに開けてみると色が少しピンクがかっています。シャルドネの果皮が色付いたのでしょうか? それとも樽熟成の際に付いたのでしょうか? ピノ・ノワールが混じったような薄いピンク色が気になります。
香りはグラスをのぞき込むようにしてもさほど立ちのぼることはありません。味はと言うと少し渋さが気になります。ブショネではないもののあまり誉められた状態ではありません。瓶差があるのでまた次のボトルで評価してみます。
A5の鞍下から肩芯を譲り受けましたが、これは素晴らしいお肉です。脂がきつすぎずに丁度良い加減です。生で刺身にするとき塩だけで食べても旨味が感じられますし、ちょろっと網で炙ると最高のご馳走です。
ハネシタは真空引きして貰い来週の楽しみに残しました。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2005年06月17日
All Rights Reserved./Skin:oct