ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

2004 Quaderna Via Joven Especial Maceracion Carbonica
スペインのマセラシオン・カルポニックで造られたワイン。綺麗な紫色を呈しています、香りはまさにフルーツそのもの。飲んだら実に甘い葡萄ジュースを濃くしたような感じです。飲み比べたら馬鹿高いボージョレ・プリムールよりこちらの方が絶対旨いと言われるでしょうね。
最近は世界各国で有機栽培の葡萄からワインを造ろうとする傾向にあると思います。それは大変良い事には違いありませんが、有機農法無農薬栽培を謳い文句にしながら飲んだら「ゲーッ」となる不味いワインが多い事も事実です。葡萄が如何に汚染されていなくともワイン造りが下手であれば美味しいワインは出来ません。亜硫酸を毒みたいに思っている人が多いようですが、葡萄が腐ってしまえばワインどころの騒ぎではないと思います。

| ワイン日記::スペインワイン |
| 10:42 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年04月18日
All Rights Reserved./Skin:oct