ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

久々に美味しいローヌ
Cotes du Rhone 2003 Chateau de Segries Domaine Henri de Lanzac a 30126 Lirac
コート・デュ・ローヌのワインは一般的に味が濃いので私の場合飲み飽きてしまう事が多いのですが、このワインは実にフルーティーで所謂ローヌ臭さが無く、ブルゴーニュ好きの方にでも受け入れられ易いと思います。甘酸のバランスがとれていて余剰な亜硫酸も感じません。コルクは短いですが状態は非常に良く低温で輸送された事が裏付けられています。色は綺麗な紫がかった赤色で透明感があり、時間が経過しても退色する事はありません。ワインは葡萄で造られるものですからフルーティーさが大切だと思います。1500で買えるワインとしてはかなり評価出来ると私は思います。
4-Aのフィレ肉をニンニクオイルでソテーし、付け合わせに椎茸のソテーを添えましたが実に良くワインと合いました。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:49 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年04月11日
All Rights Reserved./Skin:oct