ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

東豊中の割烹
店構えはかなり高級そうなので少し入りづらいと思い、なかなか行く事が出来ませんでした。ネットで北摂の店を探してもここは載っておりません。ネット上で唯一見つけたのは電話番号だけ。意を決して電話する事に・・・「お休みは? 営業時間は?」 と立て続けに質問したら女将さんらしい人が丁寧に答えて頂けました。「なんぼ位のお店ですか?」と尋ねると「コースは8000ですが、殆どの方は一品から注文される」とのことで安心して出陣しました。
夕方再度電話して予約をして出掛けるとカウンターのタネケース前に座る事が出来ました。造りメニューは大概のものが揃っています。とろ、車海老おどり、めいた鰈薄造り、ひらまさ、鯛、ひらめ、虎魚、関鰺、ウニ、生鳥貝、赤貝、鮑、その他数え切れません。カウンターの後ろには当日のメニューが書かれていますが、珍しい物では天然鰻蒲焼き(熊本産)や馬刺しなどもあり定番の煮炊き物や焼き物のほか天麩羅や一口ステーキなどもあります。一見して大和屋系と思いましたがご主人に尋ねると有名店で修行したことはないとのことでした。お客さんは年配の方が多く、舌の肥えた方ばかりです。





| 食べ歩き |
| 10:52 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2005年04月08日
All Rights Reserved./Skin:oct