ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

実は7月の中頃、急に両足裏に違和感を覚え同時に?
左手小指の側面も痺れているではありませんか。足の裏の違和感はやはり痺れで「おかしいな」と思いつつ次第に体重が運動もしないのに落ちているのに気付きました。で先日のワイン会の時同席したお医者様に尋ねたところ「それってもしかしたら糖尿病ちゃうの?」って云われてしまいました。
 父親は2年ほど前から糖尿の気があると主治医から指摘され、永年にわたる暴飲暴食のつけが回ってきたのかなどいろいろ思い当たること多々。
 234回続いているワイン大学も今月でおしまいか? 来月で60回6年目に突入しようとしている英ちゃんもこれにて終了せざるを得ないか? 
 ネットで糖尿病を調べると「これこそ我が症状なり」と潔く諦め会社の近くの内科へ向かったのは23日月曜日のこと。ところが当日の尿検査では糖は下りていないとの結果。採血され詳しくは火曜日の夕方と云うことで帰る。
 血液検査の結果は糖尿病の疑いは皆無とのこと。嬉しさも半分で「じゃあこの手足の痺れは何なの?」という疑問にこれまた思い当たることありました。頸椎を痛めたことがあるのです。
 友達の紹介で脳神経外科のお世話になることに・・・
 しかし糖尿に罹患していないことは大きな励みになりました。





| ワイン日記 |
| 06:36 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2004年08月26日
All Rights Reserved./Skin:oct