ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Il Ghiottone 訪問
本マグロのタルタル、カンノーリ仕立て活けオマール海老と秋のフルーツのジュレ、キャヴィア添え盛りだくさんのアンティパストミストズワイガニと生雲丹を載せたジャガイモのパンナコッタ、ブロッコリーのソース 穴子のロトロのフリット、カポナータ添えバルサミコ風味子持ち鮎とルッコラ・セルバティカのスパゲティ シャラン産鴨の炭火焼きとフォアグラのパデッラ、フレッシュポルチーニ茸と栗のフライ添え パートフィロで包んだ焼きリンゴ、リコッタチーズのムース、蜂蜜のソース
 ワインはAgrapart Blanc de Blancs 1996, Gevrey Chambertin 1996
Domaine Drouhin-Laroze, Les Forts de Latour 1998
昔イル・パッパラルドのときに何度か訪問したがその頃は印象に残らない料理であった。しかし料理は大変進歩している。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 04:49 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2003年10月16日
All Rights Reserved./Skin:oct