ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

朝早く目覚めたが
昨日の悪夢が口の中に残っているみたいで気分が悪い。ホテルの地下食堂で朝食を、と昨日の晩みたいに騒がしい。まさかと思ったがやはり昨晩のあの団体が来ているのである。例の日本人らしい1人も来ている。蝿もいる。地下はゴメンである。

 車を飛ばしヴォーヌ・ロマネにアンリ・ジャイエ氏を訪ねる。私は3度目の訪問になるが氏はにこやかに迎え入れてくれ早速地下に案内される。蝿はいない。 ヴォーヌ・ロマネ、1級のボーモン、特級のエシェゾー、そしてクロ・パラントゥーのそれぞれ1988年を試飲。更にクロ・パラントゥーの1989年も味わうことに。発酵はセメントの発酵槽で15~21日間、その後伝統的製法によるオークの新樽で18ヶ月熟成させ瓶詰めし、その後2年間は蔵で保管しそれから初めて出荷するという。セラーにはジョルジュ氏の樽も見かけたし、パス・トゥ・グランの表示の樽もあった。アンリ・ジャイエ氏に別れを告げロマコンへ向かう。ここにもヴェルジュが残っていて食べる。旨い!

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 03:53 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::1989年11月15日
All Rights Reserved./Skin:oct