ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

朝から Volnay へ向かう。
私の好きなドメーヌを探すがなかなか見つからない。町中ウロウロしてやっとの事で探し求める。何せ看板どころか表札までないのだ。玄関にやたら派手に「デギュスタシオン」と書いたデカイ看板を掲げているところに旨いワインはないのである。
 
先客があったので暫くここのお孫さんと遊ぶ。可愛い子だ。

白のムルソーからテイスティングを始めいろいろ質問しながら赤へと移る。お目当ての Clos de Chenes は実に素晴らしい。と褒め言葉を並べると奥の方からハーフサイズのエチケットも貼っていないボトルを取り出してきた。グラスに注がれた液体は紫がかった濃い赤色を呈するのである。

「85か?」と尋ねると何と76とのこと。驚きの76である。まだ若さビンビンで後5,6年以上はかかるであろうとの説明、さらに飲み頃を迎えてから20年以上は持つとのこと。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 03:54 PM | comments (0) | trackback (0) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::1989年11月14日
All Rights Reserved./Skin:oct