ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第393回クードポール・ワインを楽しむ会
毎月一度第1木曜日の午後8時開始というワインと料理を楽しむ会です。こちらの会も今年中に400回を迎えることになりますが、小生もまたクードポールの田中シェフも大病を患うことなく続けられてきたこと自体実に有難いことであります。


先ずはコート・デ・ブラン、グラン・クリュのコミューン・アヴィズのブラン・ド・ブランで乾杯、アミューズ・グールは蕪のヴルーテに生海胆。


次は海の幸のアスピック。鱸にオマールそしてタコなどいろいろな魚介類にサフラン風味のジュレ、ワインはブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイの白。インポーターの説明ではあり得ないコミューンの名を語っていますが、この蔵の畑はニュイ・サン・ジョルジュのコミューンの範囲に存在しています。


フォワグラのテリーヌ、下には大根のコンソメ煮。合わせるワインは新しくリリースされたアンリ・ラモントーのジュランソン・モワルー。
テリーヌよりもフォワグラのポワレが欲しかったように思います。


魚が殆ど入荷無いため牛肉のポトフ。ワインは後にブルゴーニュ・コート・ドールが名乗れるモレ・サン・ドニの物とヴォーヌ・ロマネの物とを比較。


▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:50 PM | comments (0) | trackback (x) |

第392回クードポール・ワインを楽しむ会
画像処理に手間取り更新が遅れました、11日のワイン会です。


新年の乾杯はトゥール・シュル・マルヌに本拠を持つ NM のシャンパーニュ、アミューズ・ブーシュは蕪のヴルーテにカラスミです。

ぼちぼち書き始めましたがシャンパーニュの裏側表側について纏めてみたいと思います。パリ以外のフランスのレストラン、ベルギーやイタリアでも安くて美味しいシャンパーニュが飲めるのにわが国では矢鱈お高いシャンパーニュばかりが取り沙汰されワイン・リストにその名を連ねています。ヨーロッパのシャンパーニュ愛好家はそんなお高いシャンパーニュには目もくれません。

ではどうすれば美味しい、リーズナブルなシャンパーニュに出会えることが出来るのでしょうか。

1970年代からシャンパーニュに親しみクリュッグやテタンジェ、ボランジェ、ルイ・ロデレールには何度も足を運んだ経験をもとに美味しいシャンパーニュについて述べたいと思います。


一夜干しのカマスのサラダ、見えにくいですが白いものはカリフラワーのパンナコッタ。


他の皆さんは牡蠣ですがアレルギーになってしまった私は帆立貝柱です。青物はこの時期旨い芽キャベツ、ソースはゴルゴンゾーラ入りのクリームソース。


鹿肉とフォワグラの田舎風パテ。ワインはネゴシアン物のブルゴーニュとコート・ドールで収穫されるピノ・ノワールのワイン。



▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

クードポール第391回ワインを楽しむ会
32年間続いているワインと食事を楽しむ会です。夜8時開始という遅い時間からのスタートですのでゆったりとワインを楽しんで頂けます。


まずはアミューズグール、蕪のヴルーテに鱈白子に柚子。暖かい濃厚スープにほっこり。


前菜1皿目は「熟成鰆の低温調理 サラダ仕立て」、薫香漂う鰆が秀逸です。ビーツもありがちな臭みは一切なしで有難い。


最近見かけるようになったジョージアのオレンジ・ワイン。


フォワグラ 白インゲン豆の煮込み。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:06 AM | comments (0) | trackback (x) |

第390回クードポール・ワインを楽しむ会
連休の前日ということでご旅行に行かれるメンバーさんが多かったのでしょうか、いつもの半数以下と云う寂しい会と相成りました。でも少人数の時こそお宝ワインが登場するのです。

先ずはコート・デ・ブランはシュイイィの NM 昔は R&L ルグラと名乗っていたはずですが、今ではピエール・ルグラと云う名前で出ているブラン・ド・ブラン・ブリュットで乾杯。


アミューズグールは魚のコンソメ・ジュレにキャヴィア。


続いてもアミューズの茸のテリーヌ。これにはシャブリの熟成したものを合わせます。


クレソンのヴルーテにオマール海老。この料理にはピノ・グリだけで造られたブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ。


鱈の白子のムニエルには黄芯白菜、サラダ仕立て。ワインはボルドー・シュペリュール。


▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 01:53 PM | comments (0) | trackback (x) |

第389回クードポール・ワインを楽しむ会
あと11回で何と400回目ということになります。来年の9月は盛大に第400回記念を迎えたいところですが・・・

来年1月は第2木曜日11日の午後8時開催となることを先にお伝え申し上げます。


さて第389回目のアミューズは秋刀魚のリエットと生ピーナッツの茹でたもの。


前菜は最初に蟹サラダ、シャンパーニュ・ブラン・ド・ノワールを合わせたのですがやはりブラン・ド・ブランの方が無難でした。


続いてはリー・ド・ヴォーとポルチーニのソテー。ワインはブルゴーニュのルージュ。


魚料理はオマールとホタテのフランとありましたがフランと云うよりはスフレのような仕上がり。ソースは濃いめのアメリケーヌ。ワインはギリシャのアシルティコ。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 05:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::クードポールワインを楽しむ会
All Rights Reserved./Skin:oct