ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Yefim Bronfman Piano Recital 22 Nov. 2009
本日のトレーニングはお休み、従って測定もしておりません^^!

来る11月22日日曜日14:00開演のイェフィム・ブロンフマン、いずみホールでのピアノ・リサイタルのチケットが届きました。

プログラムはシューマン:アラベスクハ長調Op.18 ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調Op.5 チャイコフスキー:ドゥムカ ハ短調Op.59 最後にプロコフィエフ:ピアノソナタ第2番ニ短調Op.14 という最初の曲を除き普通一般的なものとはかなり趣の異なる曲目が並んでいます。

2曲目のブラームスは第1楽章アレグロ・マエストーソ、第2楽章アンダンテ・エスプレッシヴォ、第3楽章スケルツォ、アレグロ・エネルジコ、第4楽章インテルメッツォ、アンダンテ・モルト、第5楽章フィナーレ、アレグロ・モデラート・マ・ルバートという大曲であり、このあと休憩時間があるはずです。

3曲目のドゥムカはホロヴィッツが好んで良く弾いた曲ですが8分少々の短い曲で、最後のプロコフィエフのソナタ第2番は演奏されることが殆ど無いプロコフィエフとしては大変マイナーな曲であり聴衆を盛り上げるにはかなり難しい選択であります。

従って恐らくアンコールに2曲程、最初は穏やかなモデラートのスクリャービンのエチュード(あくまでも希望的予測ですけど)、次に何か派手な曲で締めくくりそうな気配を感じますけど如何でしょうか。

| 演奏家 |
| 11:50 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/10/03 04:21 PM |
higemaster |2009/10/03 04:13 PM |
Georges |2009/10/03 03:44 PM |
higemaster |2009/10/01 04:28 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::演奏家
All Rights Reserved./Skin:oct