ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Romorantin B




ロモランタンと云えばアペラシヨン=クール・シュヴルニーですね。クール・シュヴルニーと云えば辛口白ワインのはずだったのですが、法令改正で何と甘口が追加で承認されました。

いつも申し上げることですが「ワインは有名になると甘くなる」これ定説です。

法令改正は2018年4月14日の事、追加されたのは甘口2種類の Vins moelleux et Vins doux ちなみに改正前は Vins secs 辛口しかありませんでした。

その背景を探ると次のサイトにたどり着きました。こちらをご覧下さい。

なんとあのロワールの古城シャンボールが敷地内にロモランタンそれもフランスの自根を持つロモランタンを栽培し始めたという訳です。

ですがアペラシヨン・クール・シュヴルニーの範囲はコミューンで申し上げると

•Cellettes,
•Cheverny,
•Chitenay,
•Cormeray,
•Cour-Cheverny,
•Huisseau-sur-Cosson,
•Montlivault,
•Mont-près-Chambord,
•Saint-Claude-de-Diray,
•Tour-en-Sologne,
•Vineuil.

地図はこちら 、シャンボール城があるのは読んで字の如く Chambord ですので隣接するものの範囲外と相成ります。

ですからまずはワインの甘口を認めて、さらに2019年になってからクール・シュヴルニーの範囲を広げようとしている訳です。

フランスのワイン法はコロコロ変わるという実例です。

拙ブログでは2013年5月5日にこちらでロモランタンについて書いてますのでご参考までに。
| ワイン雑感 |
| 06:53 PM | comments (0) | trackback (x) |

Riesling B




フランス政府のこの葡萄の呼び名は Riesling B いつも申し上げるように末尾の「B」は果皮色を示す記号みたいなもの。VIVC 葡萄の世界的データベースでは正式名称として RIESLING WEISS リースリング・ヴァイスを採用してますがドイツ原産なのでドイツ語表記の Riesling weiß が本来の名称であるはず。

拙ブログでは2013年5月にこちらで書きましたが、当時のこの葡萄の親子関係については次のような説明でありました。

Original pedigree (VITIS SYLVESTRIS × TRAMINER) (?) × HEUNISCH WEISS
Prime name of pedigree parent 1  ?
Prime name of pedigree parent 2  HEUNISCH WEISS

最新の VIVC はこちらをご覧下さい。シノニムの数は実に 148 にもなっていますが、肝心の親子関係は

Pedigree confirmed by markers ? × HEUNISCH WEISS
Prime name of parent 1 ?
Prime name of parent 2 HEUNISCH WEISS

以前とは異なり母親は全くの ? となってしまいました。未だ解明に至らずという残念な結果であります。リースリングの母となる葡萄は一体何なのか? 父親はフランスでは忌み嫌われた葡萄グエ即ちホイニッシュ・ヴァイスであるのは解明されてはいますが・・・

もちろんこの葡萄の発生源はドイツのはず。栽培面積で見ても圧倒的にドイツであり VIVC から1996年のデータとして 23,009 ha が読み取れます。ちなみにフランスの栽培面積は2011年のデータで 3,525 ha となっています。

主要葡萄としてフランスでリースリングがアペラシヨンに適合するのはアルザス関連だけですが拙ブログのこちらにまとめてますのでご一読願います。お高いワインになってしまったトリンバックのクロ・サン・チューンについても触れていますのでご参考までに。

尚全世界でのリースリング栽培面積はこちらによると 52,100 ha とのことです。日本語による解説ですが元はと云えばフランスの IFV です。
| ワイン雑感 |
| 01:41 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bouysselet B
ブログの更新が滞っております。大雨のあと災害的酷暑という異常な天候が続いており、また仕事が忙しいこともありサボっております。

さて久しぶりに「フランスで栽培される葡萄のサイト」を見ると新規に登録された葡萄がいくつも並んでいます。こちらをご覧下さい。その2番目の葡萄 Bouysselet ブイスレって読むのでしょうか? 画像は載ってないので提示させて頂きます。


これはトゥールーズの北約 33km のヴィロードリックというコミューンにワイナリーを持つビオディナミの生産者シャトー・ラ・コロンビエール Château La Colombière で栽培されている白葡萄なのです。数年前話題になりましたね、ビオディナミのヴァン・ド・フランスがクー・ド・クールを取ったっというお話。

この白葡萄ブイスレ、ヴィンテージ2014年のワインが雑誌で大々的に持て囃されたことからフランス政府が慌てて承認したように思います。

この葡萄100%で造られる白ワインとは Le Grand B ル・グラン・ベは25ユーロというお高いもの。


pdf のファイルはこちらをご覧下さい。コート・デュ・フロントネ、今ではフロントンというアペラシヨンを名乗ることが出来る地の 0.7 ヘクタールの畑で栽培されているのが当該葡萄ブイスレであります。

説明を読むとプレ・フィロキセラ、即ちフィロキセラの影響を受けない自根を持つ葡萄とのこと。

さて VIVC を検索すると当該葡萄のデータは次の通りです。要点だけコピーすると

Color of berry skin BLANC
Variety number VIVC 1627
Country of origin of the variety FRANCE
Species VITIS VINIFERA LINNÉ SUBSP. VINIFERA
Pedigree as given by breeder/bibliography
Pedigree confirmed by markers PLANT DE CAUZETTE × SAVAGNIN = TRAMINER
Prime name of parent 1 PLANT DE CAUZETTE
Prime name of parent 2 SAVAGNIN = TRAMINER

人為ではなく恐らく自然交配と思われますがブイスレの母親はプラン・ド・コゼット、父親はサヴァニャン=トラミナー、プラン・ド・コゼットはリンク先がありますがサヴァニャン=トラミナーにはリンク先がありません。リンク先が無いということはサヴァニャン=トラミナーとは名前こそ存在するが実態は未だ解明されていない未知の葡萄ということを示しているのです。決してジュラで栽培されているサヴァニャン・ブランではありません

ですから生産者のサイトのこのワインの葡萄の説明コピーさせて頂くと 

Descendant Savagnin (Jura) et Plant de Cauzette (Béarn)

即ちジュラのサヴァニャンとベアルンのプラン・ド・コゼットの子孫というのは未だ現時点では根拠のないものであります。

母親葡萄プラン・ド・コゼットはこちら、フランス原産の葡萄ですが果皮色は示されておらず白葡萄か黒葡萄かはわかっていません。プラン・ド・コゼットはプリュヌラールとかタナの子孫と考えられますが具体的な親子関係は現在のところ不明。判っているのは当該葡萄の母親ということだけかもしれません。

結論で申し上げるとワインの雑誌に大きく取り上げられたことによりフランス政府が渋々認めて自国で栽培される葡萄に取り上げられたというマスコミ主導により発掘されたフランス原産の白葡萄。
| ワイン雑感 |
| 03:32 PM | comments (0) | trackback (x) |

新たにオープンしたお店、閉店したお店
靭公園南側のフレンチが閉店した。元々摂津本山でパンのお店とレストランをやっていた頃はよく流行っていた。大阪に移転と聞いてすぐさま駆け付けたのだったが、あまりにもお高いのでその後は行かず仕舞い。

強気の価格設定が裏目に出たように思う。

つい先日内久宝寺町通り沿いに新しいイタリアンが出来た。梅田でお店を任されていたこの業界では知られた存在のシェフである。此処もかなり高めの価格設定なので心配だ。

両方の店に共通するのは場所が辺鄙であるということ。

辺鄙な場所で成功するのは余程美味いか、お安いかのどちらかだろう。高くて普通なら次回の集客はまず見込めないということを悟るべきである。
| ワイン雑感 |
| 04:34 PM | comments (0) | trackback (x) |

AOC ベアルンの範囲は3つある

アペラシヨン・ベアルンの範囲については殆どの教科書は間違った位置情報を提供しています。昔の拙ブログではこちらで説明しましたが、法令が整備されまた一部改正されたのでその範囲について改めたいと思います。

先ずはアペラシヨン・ベアルンを名乗ることの出来るコミューンについては次の通りであります。

AOC BEARN
- Departement du Gers : Cannet, Maumusson-Laguian, Viella ;
- Departement des Hautes-Pyrenees : Castelnau-Riviere-Basse, Hagedet, Lascazeres, Madiran, Saint- Lanne et Soublecause ;
- Departement des Pyrenees-Atlantiques : Abos, Arbus, Arricau-Bordes, Arroses, Artiguelouve, Aubertin, Aubous, Aurions-Idernes, Aydie, Baigts-de-Bearn, Bellocq, Berenx, Betracq, Bosdarros, Burosse-Mendousse, Cadillon, Cardesse, Carresse, Castagnede, Castetpugon, Castillon (canton de Lembeye), Conchez-de-Bearn, Corberes-Aberes, Crouseilles, Cuqueron, Diusse, Escures, Estialescq, Gan, Gayon, Gelos, Haut-de-Bosdarros, L’Hopital-d’Orion, Jurancon, Lacommande, Lagor, Lahontan, Lahourcade, Laroin, Lasserre, Lasseube, Lasseubetat, Lembeye, Lespielle-Germenaud-Lannegrasse , Lucq-de-Bearn, Mascaraas-Haron, Mazeres-Lezons, Moncaup, Moncla, Monein, Monpezat, Mont-Disse, Mourenx, Narcastet, Ogenne-Camptort, Oraas, Orthez, Parbayse, Portet, Puyoo, Ramous, Rontignon, Saint-Faust, Saint-Jean-Poudge, Salies-de-Bearn, Salles-Mongiscard, Sauvelade, Semeacq-Blachon, Tadon-Sadirac-Viellenave, Tadousse-Ussau, Uzos, Vialer, Viellesegure.

各コミューンについては省略しますが県で申し上げるとジェール県の3コミューン、オート・ピレネー県の6コミューン、そしてピレネー・ザトランティック県の数多くのコミューンをその範囲としています。

次にアペラシヨン・ジュランソンの範囲を示します。

AOC JURANCON
departement des Pyrenees-Atlantiques : Abos, Arbus, Artiguelouve, Aubertin, Bosdarros, Cardesse, Cuqueron, Estialesq, Gan, Gelos, Haut-de-Bosdarros, Jurancon, Lacommande, Lahourcade, Laroin, Lasseube, Lasseubetat, Lucq-de-Bearn, Mazeres-Lezons, Monein, Narcastet, Parbayse, Rontignon, Saint-Faust et Uzos.

ジュランソンの範囲はピレネー・ザトランティック県だけの25コミューン。コミューンの名前を青にしますからベアルンのどのコミューンと重なるかお分かり頂けます。

次にアペラシヨン・パシュランク・デュ・ヴィック・ビルの範囲を示します。いうまでもなくこの範囲は赤ワインだけのアペラシヨン・マディランの範囲と全く同じです。

AOC Pacherenc du Vic-Bilh
- Departement du Gers : Cannet, Maumusson-Laguian, Viella ;
- Departement des Hautes-Pyrenees : Castelnau-Riviere-Basse, Hagedet, Lascazeres, Madiran, Saint-Lanne et Soublecause ;
- Departement des Pyrenees-Atlantiques : Arricau-Bordes, Arroses, Aubous, Aurions-Idernes, Aydie, Betracq, Burosse-Mendousse, Cadillon, Castetpugon, Castillon (canton de Lembeye), Conchez-de-Bearn, Corbere-Aberes, Crouseilles, Diusse, Escures, Gayon, Lasserre, Lembeye, Mascaraas-Haron, Moncaup, Moncla, Monpezat, Mont-Disse, Portet, Saint-Jean-Poudge, Semeacq-Blachon, Tadousse-Ussau et Vialer.

パシュラン・デュ・ヴィック・ビル、マディランの範囲にあるコミューンはグリーンで示します。

お分かりでしょうか、アペラシヨン・ベアルンの範囲は非常に広く、3つの地域に分かれます。即ち本来のベアルンそして現在では消滅したデノミナシヨン・ベアルン・ベロックの各コミューンを含む純ベアルン地区、そしてジュランソン全体をその範囲とするベアルン・ジュランソン地区、そしてアペラシヨン・マディラン・パシュラン・デュ・ヴィック・ビルの地区即ちベアルン・マディラン地区という3つの地域ということになります。

言い換えるとジュランソンの範囲で赤・ロゼを造るとアペラシヨンはベアルンを名乗れる訳であり、マディランの範囲で赤・ロゼ・白ワインを造る場合アペラシヨン・ベアルンを名乗れる場合があるということです。

しかし来年の収穫から事態は一変します。

b) - Assemblage des cépages
- Pour les vins blancs, le cépage raffiat de Moncade B représente au moins 50 % de l’assemblage

2°- Règles de proportion à l’exploitation
– Vins blancs :
A partir de la récolte 2019, le cépage raffiat de Moncade B est obligatoire dans l’encépagement.

4°- Assemblage des cépages
– Vins blancs :
La disposition relative à la proportion de 50% du cépage raffiat de Moncade B dans l’assemblage ne s’applique qu’à partir de la récolte 2019.

アペラシヨン・ベアルンの葡萄規定からアサンブラージュの条項では現在の葡萄規定ベアルンの白ワインの場合、少なくとも50%のラフィア・ド・モンカードが必要となっているのが改められ2019年の収穫からはラフィア・ド・モンカードだけしか使えないことに相成ります。

20世紀の後半でもフランス南西地方のワインは日本ではほとんど紹介されませんでしたが、マディランの雄 Alain Brumont アラン・ブリュモン氏の登場、ジュランソンを世界に知らしめた Henri Ramonteau アンリ・ラモントゥー氏の出現によりかなり有名になったこれらのアペラシヨン、まずは地理的条件をしっかり掴んで頂きたいと思います。
| ワイン雑感 |
| 04:14 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::ワイン雑感
All Rights Reserved./Skin:oct