ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ジューダ・バレリーノ@南海高野線大阪狭山市駅
我が街箕面からだと京都河原町へ行くより時間がかかってしまう大阪南部の狭山、狭山遊園があったのは昔のお話で今はその存在は無い。

ややこしいのは狭山駅と大阪狭山市駅の2つの駅が存在するということ。

ジューダバレリーノさんは「大阪狭山市」駅から河内長野方向に向かって左手に進むと右手に見える階段を上がったところに入り口のあるお店である。1階は調理場でゲストルームはさらに階段を上がった2階、結構広いダイニングルームである。

予約していたためかウェルカムスパークリングワインを供されディナーのはじまり、はじまり。


先ずは寒い夜なので「玉子で溶いたローマ風ミネストラ」、ローマ料理のミネストローネはトマトを使わないとのこと。優しい味わいで体が温まる。


続いて「玉ねぎのスフォルマートと手長海老のグリリア」、スフォルマートとは型から取り出すというイタリア語で、それがそのまま名前になったユニークな料理とのこと。美味しい。


さらにスップリ 「ローマ風ライスコロッケ」も出来立てほやほや。


立て続けに色々出てきて「ローマ風豚のコッパ」、結構手間のかかりそうな一品。


とりあえず前菜の盛り合わせみたいに並べてみた。


更にさらに前菜は続き「カリフラワーのパンナコッタ マグロ、マダコ、天然ツバスのタルタル、イクラ、ブロッコリースプラウト」、これまた実に手間暇かけられたであろう労作、もちろん旨い。


「赤ピーマン、ニンニク、アンチョビのテリンナ ヒラアジのマリナート」魚介類も新鮮である。


そして「ローマ風のトリッパの煮込み」は内蔵の匂いもなく上手に仕上げられている。


ここで近所のパン屋さんのオリーヴパンが登場、中にオリーヴがいっぱい入っていてワインが進むのだ。
このパンは狭山駅近くにある「Pan-biyori」パン・ビヨリさんの物、近くの人ならぜひ一度お試しあれ。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 04:22 PM | comments (0) | trackback (x) |

中津の隠れ家イタリアン
大阪メトロの中津駅から徒歩すぐの場所だがメインストリートに面していないため普通は見付けにくいはず。2番出入り口から豊崎方面へ、、ちょっと広い道路を北へ向かうとすぐ突き当たるがその右手にあるのがこのお店。


先ずはアルト・アディジェのシャルドネをボトルで頂く。シェフは会話が苦手なのか、カウンター席は無い。


その日のお勧めから真鯛のカルパッチョ。生ではなく日本料理で云う焼き霜、野菜類はとても甘みがあり新鮮な鯛ももちろん旨い。


ドーンと出てきたのが田舎風のパテ。添えられる野菜のピクルスも頗るうまい。好みのマスタードがたっぷり付けられるのもありがたい。ボリューム200%、しかも旨い。


お勧めメニューから蛸の焼いたもの。ちょっと固すぎて食べにくいのが残念。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

新中国料理 HARAKAWA 北新地店オープン
先日お知らせしたように10月29日にオープンした HARAKAWA北新地店に31日夕刻ワイン大学有志が結集、カウンター全席を独占。


先ずはランソンのブリュットで乾杯、前菜の盛り合わせは、海月葱オイル和えと紅芯大根、とこぶしの旨煮、茹でピーナッツ、皮蛋、豚肩ロース蜜漬け香り焼き。どれも旨いけど独特の風味を持つ皮蛋が出色。


活け天然真鯛を中国風刺身に。


一人前に仕上げたところ。


次は毛蟹のクリーム煮の春巻き。高温に注意しないと・・・ 毛蟹はクリームコロッケにしてタルタルソースタップリかけて食べるようにして頂きたい。


気仙沼からアオザメの鰭姿煮込み。三日月形の掃除していないフカヒレとは根本的に異なる。本来の姿煮とは鱶鰭の繊維一本一本がその姿を物語っていることを云う。

こちらのブログをご覧頂きたい。

フカひれの本来の味わい方は上湯にあり、鱶鰭そのものはその繊維の太さと長さ、それとその食感、即ち戻し方の妙を享受することである。


画像では解り辛いかもしれないが、千葉県産の活け伊勢海老炒めという贅沢な炒め物である。もちろん頗る美味也。


▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 02:06 PM | comments (0) | trackback (x) |

関西随一の中国料理店北新地本通りにオープン

以前から何度が紹介している大阪は大和川の南というより光明池に近い本格的中国料理 HARAKAWA が10月29日北新地に新店舗をオープンする。

何が凄いかをもう一度説明しよう。

先ず店主自ら買い付けに行く鮮魚が凄い。活け魚をはじめ鮑や伊勢海老そして蟹の類まで全て活けモノ。

化学調味料は一切使わないという潔さ。

他店では見かけないハイカロリーバーナーの凄い火力で素早く調理する。

香港まで行かなくても本場香港の海鮮料理が食べられるのである。


| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 06:11 PM | comments (0) | trackback (x) |

北新地の隠れ家
店内は禁煙、私は基本的に喫煙可能なお店には行かない。カウンター割烹でもちろん目の前で調理される。

似たようなお店は京都にもあるが奥で調理するので拍子抜けに思う。

先ずはブルゴーニュの白ワインで乾杯。


境港に上がった本鮪はおろしタレを絡めて食べる。築地から仲買指定で取り寄せる鮪に私はあまり感心しない。


造り盛のプレゼンテーション。


関西人は白身と明礬無添加の海胆を好む。由良の赤海胆、イシガキダイそして車海老の湯引き。紅芯大根のコンカッセをあしらい山葵と塩または醤油で。どれも旨いがイシガキダイが出色。


煮物椀は確か真名鰹と富良野の松茸の菊花吉野仕立て。


八幡浜の白甘鯛に楚蟹の餡。非常に秀逸。やはり鱗は油で揚げないとね。


この時期なのに天然河豚のカマ唐揚げ。天然とは仰らないけど天然に間違いない。


ここで本日のメインのプレゼン。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:37 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::食べ歩き
All Rights Reserved./Skin:oct