ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Horowitz Carnegie Box

久々にホロヴィッツのCDを購入しました。

と云ってもボックスの中身は殆ど全て既に持っているのですが・・・

お目当ては↓
▼続きを読む
| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 03:22 PM | comments (0) | trackback (x) |

Sviastoslav Richter Carnegie Hall April 15, 1965
たまにはピアノの話題です。スヴャトスラフ・リヒテルの弾くショパンのスケルツォ全曲が入っているので買いました。このCDはこちらの製造元ですが昔の録音を現代に甦らせた功績は大きいと思います。

私が二十歳に満たない頃CBSソニーから一連のリヒテル1960年代のLPが発売されてすぐ廃盤になったのを今でもはっきり覚えています。やっとの思いで手に入れたもののヒドい雑音でまともに聞けたものではありませんでした。
1965年カーネギーホールでの実況録音とのことですが聴衆の咳払いの他気になるノイズは殆ど無く音楽として充分に楽しめるCDであることは間違いありません。

ショパンのスケルツォの演奏については恐ろしいほどハイスピードで主題を弾く第1番、最後の締めくくり方も実にお見事、ホロヴィッツの1953年カーネギーホールでの実況録音に匹敵する名演と申し上げます。

もっともポピュラーな第2番も大変素晴らしい、スケルツォとしては叙情的表現を要求される曲ですがメロディーの流れが美しく、技巧を要する(540小節から4小節)ところはキッチリ押さえてあります。ミケランジェリの往年の演奏同様理想的な演奏だと高く評価します。

第1番第2番に比べて後半の2曲は若干リラックスした印象が否めません。とくに第3番は鬼気迫る演奏を期待したのですが少し拍子抜け、第4番は普通。もちろんリヒテルの名演奏を何度も聴いているのでそういった意味での普通であります。

ですがおまけみたいに一緒に編集されているシューベルトの曲はただの付け足しのようで感心しません。リヒテルは1970年代までの演奏が私は好みです。ヤマハを多用するようになってからは私には魅力が半減したように思います。
| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 11:38 PM | comments (0) | trackback (x) |

閑話休題たまにはピアノ
ワインは毎日欠かさず飲んでおりますが今日のワインはもう一度飲んで公表するかしないか決めたいと思います。さてメインの題目はワインとピアノ、最近ピアノの話は全くしておりませんでしたので愛聴盤について少し述べます。

好きなピアニストはミケランジェリですが、もう一人よく聴く演奏家にラザール・ベルマンがいます。昔LPの時代に擦り切れるほど聴いたのがこのベルマンのリスト超絶技巧練習曲全12曲にスペイン狂詩曲、デッカのアシュケナージのLP、超絶技巧練習曲(抜粋)のかなり鋭い技巧に当時は驚いたのでしたが、それを遙かに上回る信じられない様な演奏がこのベルマンのもの。
LPを聴かなくなってかなりの年月が経ってしまいましたが、幸運にも西宮北口ヒゲマスターから譲り受けたのがそのCD盤。これを聴いてしまうと他のどの演奏家も素人みたいに聞こえてしまうのは私だけでしょうか? もちろんスタジオ録音なので修正は加えられていたはずですがそれでもとにかく凄い演奏であります。
リストだけではありません。
ベルマンの比較的新しい録音のラフマニノフの第3コンチェルト、アッバード指揮のベルリンフィル(不確か)との競演ですが、特にこの第1楽章のカデンツァは聞き物であります。ところがこのCDどういう訳か既に廃盤、私は持っているから問題ありませんがラフマニノフの3番としては珠玉の名演であり再販を望む声は大きいはずであります。
ついでに申し上げるとラフマニノフの4番はEMIから出ているミケランジェリのものが最高、カップリングのラヴェルのコンチェルトもやはり最高に気に入ってます。

▼続きを読む
| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 08:00 AM | comments (0) | trackback (x) |

ポートレイト・オブ・ア・レジェンド ミケランジェリ(3CD)
8m0126.jpeg先日体調を崩したこともあり今年から「休肝日」なる日を作ろうと思います。今さら何をするつもりかと揶揄されそうですが本人は結構真剣であります。

実は今日、ワインを開けてから気が付いたのですが先日と同じ物同じヴィンテージの物がダブってしまったのです。同じワインを二度買ってしまうとは、物忘れまで酷くなってしまったようであります。

そこで今日は最近気に入ったCDをご紹介したいと思います。アルトゥーロ・ベネディッティ・ミケランジェリはいつの日でしたか東京中野サンプラザホールでの演奏会のあと、来日の度に追っかけした演奏家であります。ウラディーミル・ホロヴィッツは生涯一度しか生演奏を聴くことが出来ませんでしたが(昭和女子大人見記念講堂)、ミケランジェリは何度も目の前で演奏に触れることが出来ました。
当時はLPレコードの時代でしたがまともなLPと云えばEMIとデッカ、グラモフォンなど数えることが出来る程度で、私は心斎橋三木楽器で手に入れたリストのコンチェルト海賊版LPを宝物かの如く大事にしておりました。この演奏は実にダイナミックで迫力満点の演奏であり、その後現在に至るまで同じ音源のCDには出会っておりません。

同じ頃手に入れたホロヴィッツのチャイコフスキーの第一ピアノ・コンチェルト(セル指揮オケ不明)は最近CD化されましたが、ミケランジェリのリストの第1番は違う音源のものしか聴いたことがありません。

▼続きを読む
| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 03:37 PM | comments (0) | trackback (x) |

Scriabin の息子、Julian をご存知ですか?
7cd4023.jpg
ワインと音楽、それにマジックに即興ペインティング? という不思議な会に参加しました。mixi で知り合った方の主催ですが会費僅か1000円と云うことでワイン輸入会社に協賛して頂きました。場所は千日前通り沿いの街山荘という風変わりな居酒屋で中に入るとまるでログハウスそのもの。カウンターだけの飲み屋と思いきや、奥の個室には何とグランドピアノが設えてあります。ピアノはスクリアビンのプレリュード作品11からでしたが、ショパンの延長線上のような叙情溢れる作品に相応しい演奏でした。
さてスクリアビンのプレリュードは生涯にわたって作曲されているのですが、彼に息子がいてその息子も作品を残していたとは知りませんでした。僅か11歳で不慮の事故により亡くなったとのことですが、そんな子供が作ったとはとても思えない作品であります。このアルバムにはスクリアビンの前奏曲ではあまり演奏されないものばかりが収められていますのでスクリアビンファンにとっては聞き逃せない一枚であると思います。

| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 09:24 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::音楽セレクション::CDコレクション
All Rights Reserved./Skin:oct