ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

快進撃か?

色気のない画像が続き申し訳ございません。昨日のダブルヘッダーの結果は体重 73.1kg と成果が出ました。

さらに今朝も休みなのでぐずぐずしている内に雑用が増えてしまいエクササイズに取り組んだのは昼前。


何と待望の 72.7kg まで落ちました。70kg の壁も何とか突破できそう。

| 音楽セレクション |
| 01:39 PM | comments (0) | trackback (x) |

体重減少中也

今朝は仕事休みのため時間をかけて、スピード控えめで 80 分、平均脈拍 115 、結果は体重 73.9kg と微減。夕方からもう一度トレーニングの予定。

体重を落とすための簡単な方法はインプットを減らして、アウトプットを増加するただそれだけである。即ち食べるものをそれなりにカロリー減少等質カットして量を自分でコントロールするコツをつかむ事、そしてひたすら運動を心がける事、想定以上の運動を取り入れないとそう簡単に痩せる事はできない。

実はまた友人の一人が癌になってしまった。今度は大腸癌ではなく喉頭癌との事。友人の闘病生活を思うととダイエットなど辛くはない。


| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 05:17 PM | comments (0) | trackback (x) |

ミケランジェリのリスト・ピアノコンチェルト1番のCD




ミケランジェリの公式サイトと思われる CDディスコグラフィからリストのコンチェルトを調べると次のようになっています。コピーさせて頂くと

Liszt
•Concerto for piano and orchestra no 1 R455 in E flat
◦Orchestre de la Suisse Romande/Ernest Ansermet - Geneva 8 July 1939 - Arkadia HP 624.1, Cetra CDO506, Ermitage ERM 183-2, Ermitage France FRERM 69661-2, Grammofono 2000 AB 78675/76, Hommage 7001853-HOM, Pellarin Multimedia MM 37007, Piano Library PL 252/55, Sirio 5300-36, Warner Fonit 3984 26901-2

◦Orchestra del Maggio Musicale Fiorentino/Dimitri Mitropoulos - Florence 17 June 1953 - [LP only]

◦Orchestra Sinfonica di Torino della RAI/Rafael Kubelik - Turin 28 April 1961 - Arkadia HP 507.1, Cetra CDAR2003, Cetra CDO130, Cetra ARCD01, Frequenz 041 009, Frequenz 051 050, Hommage 7001854-HOM, Hunt CD 507, Living Stage LS 4035176

◦Yomiuri Symphony Orchestra/Jindrich Yohan - Tokyo 4 April 1965 - Aura Music AUR 208-2

リストのピアノ協奏曲第1番は1939年7月8日ジュネーヴでのアンセルメ指揮スイス・ロマンド管弦楽団との競演、次に1953年6月17日フィレンツェでのディミトリー・ミトロプーロス指揮マッジョ・ムジカーレ・フィオレンティーノ管弦楽団との競演はLPレコードのみ、1961年4月28日トリノでのラファエル・クーベリック指揮 RAIシンフォニカ・ディ・トリノとの競演そして1965年4月4日東京での指揮者は原文が間違っていて正しくはJindřich Rohan 、チェコの人でしょうか大変難しい発音でロハン氏指揮の読売交響楽団となっています。

ところがLPだけとなっている演奏はCDも発売されていて、フランスの Tahra から TAH 631がそれでリストのコンチェルト以外にシューマンとラフマニノフの4番もカップリングされています。また日本のキング・インターナショナルから1965年の東京録音からアレクサンダー・ルンプフ指揮NHK交響楽団との競演が存在します。KKC 2005/6 でステレオ録音であり演奏もかなりのレベルと高く評価したい。
| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 03:18 PM | comments (0) | trackback (x) |

目下体重減少傾向
まずは本日の朝練、結果は辛うじて 600 kcal をクリア。

朝練ですが、これは朝飯前にやってしまわなければなりません。空腹時の運動は身体に蓄えられたエネルギー源、即ち体脂肪などを消費するから痩せるわけです。朝食を済ませたあとの運動は、当然のことですが直近に食べたものをエネルギーとして使うので身体に染みついた脂肪など落ちるはずがありません。

運動すればすぐさま脂肪が落ちると考えるのは早計であり、運動開始後しばらく経過しないと運動による脂肪燃焼には繋がらないと云うのが長年の経験から明らかであります。また運動開始直後から脂肪燃焼に至るまでの時間は人により異なり、毎日続けるとその時間は短縮可能と考えます。

さて本日のBGMは同じくベルマンの昔のアルバム( BRL 93006 )から

ベートーヴェン:
・ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調 op.27-2『月光』
 録音:1980年2月24日

・ピアノ・ソナタ第23番ヘ短調 op.57『熱情』
 録音:1962年2月16日

ショパン:
・ポロネーズ 変イ長調 op.53『英雄』
 録音:1953年10月22日

・エチュード イ短調 op.10-2
・エチュード 変イ長調 op.10-10
・エチュード イ短調 op.25-4
・エチュード 変ニ長調 op.25-8
・エチュード ロ短調 op.25-10
・エチュード イ短調 op.25-11
 録音:1950年6月6日

チャイコフスキー/フェインベルク編曲:
・交響曲第6番『悲愴』~第3楽章「スケルツォ」
 録音:1950年6月6日

ベートーヴェンの2つのソナタは実況録音で「アパショナータ」は愛聴盤リヒテルには及びませんが実況録音としては完成度の高い演奏ではないかと思います。最後の「悲愴」第3楽章のピアノ編曲版はピアノが好きな人なら是非一度聴いて頂きたい演奏です。

| 音楽セレクション::CDコレクション |
| 03:49 PM | comments (0) | trackback (x) |

ダイエット作戦、小休止しながらも継続中
似たような画像ばかりで申し訳ございません。体重計の「十」の位の数値が元に戻ってしまい意気消沈。ですがその理由を考えてみると、答えは先日来の胡桃の食べ過ぎと判明。やはり年相応のカロリー制限に踏み切る方が良さそうです。
で、本日は時間制限45分でいくらカロリー消費できるかに挑戦。結果はご覧の通りであります。

若干心拍数はオーバーしたものの、127以上に上がることはなく平均時速 32km/h を維持してギリギリ 400kcal 達成しました。おかげさまで「十」位の数値は2週間前と同じに下がりました。

本日の音楽プログラムはアレクセイ・ヴォロディンのショパン・アルバムから即興曲と舟歌に幻想ポロネーズとちょっとだけ3番のソナタ第1楽章。ありふれた曲ですが幻想即興曲は人並みはずれた名演です。

さて昼食は外食せず簡単湯豆腐にフルーツトマト、食後はコーヒーと黒糖かりん糖2つ。簡単湯豆腐は気に入っている木綿豆腐をさいの目切りして皿に盛り、ラップを掛けて電子レンジで4分30秒。水分を捨て半擂り煎り胡麻と焼き海苔をトッピングにポン酢を掛けて頂きます。フルーツトマトは皮をむかずに適当に切りエクストラヴァージンとバジルの葉っぱをちぎって添えるだけ。

ワイン選びについて一言。fb だったか twitter のどちらかで呟いたのですがこれからの選択は「今飲んですぐ美味しいワイン」を取り上げて参りたいと思います。有名ワイン評論家のコメントではいくら良いポイントが付いていても「予想熟成」期間が数年後あるいは十数年後のワインなど日本国内で保管することなど想定外ですので、ポイントに値する味が望めるとは限りません。また最近の価格はどこぞの外国人による買い占め騒ぎで異常な高値と相成りました。本来の価値観とは別の方向に向かっている訳です。

以前申し上げたように一旦高値が付くようになると味の旨い不味いにかかわらず高値を維持しようとする輩によって価格は下がることはありません。評論家という連中、銘柄が世界的に認知されると極端に低い評価を下すことはなくなります。つまり薄くてつまらないワインを「上品で繊細な味」などと評価する訳です。私からすると「そんなワインなら他にいくらでもあり価格は 1/3 だ」と申し上げたい。

でもね「高いワインが美味しいと信じている人が多い」のがこの世の中であり、それで満足している人にお安い美味しいワインの情報を教える必要はないのです。

という訳でワイン大学定例会や直心の会、英ちゃんの会にお越し頂ける方にはコッソリお知らせしたいと思います。



| 音楽セレクション::演奏家 |
| 01:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::音楽セレクション
All Rights Reserved./Skin:oct