ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

建仁寺 割烹まとの
久しぶりのまとのさんお料理の数々です。とにかく近くなったので有り難いと思います。以前は地下鉄北山からでもかなり距離がありましたが新しい場所は四条京阪から歩いてすぐのところ、お店も大変綺麗で快適です。
m0125-01.jpg
先付けは2種類です。先ずは「鮑柔らか煮、菜種辛子和え、いくら」そして別皿で「河豚白子昆布焼」が出たのですが後者は写真を失念。先付けとしてはいきなりの高級食材が! 並の割烹ではここまで出てくることはないでしょうね。
m0125-03.jpg
口取りは「寒鯖小袖寿司、子持ち昆布、林檎甲州煮、千呂木梅肉和え」ですが鯖の鮮度は抜群で酢は殆ど感じない程度、旨い。
m0125-04.jpg
煮物椀はこれまた豪華な「伊勢海老葛叩き、胡麻豆腐、鶯菜、赤蒟蒻」という活けの伊勢海老をタップリ使った贅沢なすまし汁、お出汁もしっかりした味付け。
m0125-05.jpg
向こう付けは扇型に盛りつけられた「天然鮃薄造り」要を固めるのは「甘鯛皮霜造り」と「氷見鴟尾鮪」。鮃はポン酢で、他は土佐醤油に山葵で頂きます。
m0125-06.jpg
焚き合わせは「聖護院大根、細割蕗、堀川牛蒡、鴨ロースに九条葱、きんこの旨煮」とにかく京野菜の旨いものがてんこ盛り。きんこは干し海鼠。
m0125-07.jpg
続いては焼八寸で内容は「淡路でんすけ穴子の付け焼き、金団、ノドグロの塩焼き、熨斗梅博多、小鮎の煮浸しに青味大根味噌漬け」と多種多様。
m0125-08.jpg
強肴として「汲み上げ湯葉と生雲丹、山葵」ですが混ぜ混ぜして頂くと絶妙のコンビネーション。
m0125-09.jpg
揚げ物は「白魚、百合根、芹のかき揚げと車海老頭の天麩羅」。
m0125-10.jpg
留め肴として「赤貝の海蘊酢」。
m0125-11.jpg
蒸し物は「海老芋饅頭蕪餡掛け、車海老」トッピングに唐墨。
m0125-12.jpg
〆は何と「伊勢海老御飯」。吸物に使った伊勢海老のミソを炊き込み御飯に。ナメコの赤出汁と漬け物5種盛りが添えられます。
m0125-13.jpg
デザートは季節の果物とシャーベットは青紫蘇と黒豆の2種。本当にお腹一杯。残った御飯はお土産に握って頂きました。

「建仁寺 割烹 まとの」
東山区大和大路通四条下ル三丁目博多町69-1(四条大和大路を南へ団栗を過ぎて左側きんなべの南隣)
TEL 075-531-0202
営業時間12:00~13:00(ラストオーダー)、17:30~19:30(ラストオーダー)
要予約・水曜が主に休みですが不定休なので確認して下さい。


ワインは次の通りです。

1. Champagne Beaumont des Crayeres Fleur Noire Blanc de Noirs Brut 2002
2. Pernand-Vergelesses Blanc 2004 Domaine Denis Pere et Fils
3. Gevrey-Chambertin Clos des Meix des Ouches 1997 Domaine des Varoilles
4. Nuestra Senora Portal Tinto 2004 Celler Pinol

で、懲りもしないでその後新町六角へ。お目当ての Picale さんはおられませんでしたが・・・・。お昼間ジャドーの試飲会でお会いした「ラスカル」は発見出来ました。

5. Champagne Taittinger Brut Reserve NV
6. Beaune Les Teurons 1999 Domaine des Heritiers Louis Jadot








| ワイン日記::お気に入りの店 |
| 02:31 AM | comments (0) | trackback (x) |

西宮市神楽町「直心」じきしん2
今日は先日同行して頂いた雲雀丘の旦那がお昼にお出かけ、私は夕方の訪問となりました。
js0117-01.jpg
とにかく季節の旬のものが小皿でたくさん出て来ます。先ずはズワイガニの塩蒸し。湯がくと旨味が逃げてしまうと云うことで塩振っただけで蒸し器にかけられます。蟹味噌も濃厚です。





▼続きを読む
| ワイン日記::お気に入りの店 |
| 12:08 PM | comments (0) | trackback (x) |

Il Corto Olio Extra Vergine di Oliva 2005 Podere Poggio Scalette と「北山まとの」祇園に移転
vins10-03.jpg今日はワインではありません、限定のオリーヴオイルですがたったの一本しか廻ってきませんでした。我が家では大量のオリーヴオイルを使いますが、出来合いのドレッシングや他の油類は少量のラー油と胡麻油を除き全く使いません。炒飯を作るのもすべてオリーヴオイルに頼りますがとても美味しく出来て胸焼けなんかは無縁です。良質のオリーヴオイルはワインの生産者の物に限ると私は思います。殆どが自家消費用のために作るので販売目的ではないのが理由の一つ、身体に優しく一舐めしても舌にピリピリしません。オイルの生産者の物の多くは香りが刺激的で作為的に感じますし味が異様に濃いのが特徴ではないかと思います。さらに馬鹿高い価格も大きな疑問であります。
好みで申し上げるといつも使うのはキアンティ・ルッフィーナのグラーティーの物、かなり濃いめのグリーン色なのですがドレッシングにもパスタにも何でも使えて重宝しております。





▼続きを読む
| ワイン日記::お気に入りの店 |
| 10:04 AM | comments (0) | trackback (x) |

萬膳庵
manzwnan.jpgこの写真は最近のお気に入り、泉さんの「TOP WIN」カウンターでの撮影です。私が思うに世間が騒いでいる「森伊蔵」などハッキリ申し上げてこの焼酎の足元にも及ばない存在です。日本酒の世界で昔「越乃寒梅」が持て囃されたと同じく焼酎では「森伊蔵」だけが特別高く取引されますね、ワインの世界も同じなのです。
日本人特有の性質「一点至上主義」とでも申し上げるのでしょうか? 韓国俳優といえば「ヨン様」、焼酎なら「森伊蔵」、赤ワインでボルドーなら「ペトリュス」ブルゴーニュなら「ロマコン」という訳です。勿論一般論ですが・・・





▼続きを読む
| ワイン日記::お気に入りの店 |
| 04:47 PM | comments (0) | trackback (0) |

久し振りに堺の美々卯に行くと、
何とモダンなビルに新築されていた。1階入ってすぐ左手にはカウンターがあり一人で食事をするのには便利。店内は喫煙と禁煙席に分けられているが、全席禁煙にした方が望ましいと思う。
 メニューはセット物が目立ち写真入りで丁寧に解説されているがいずれもお高いので、私は野菜天麩羅の天ざる、蕎麦1斤半を注文。蕎麦は以前よりコシがあって好ましいが山葵が中途半端、葱も白髪葱の方が良いと思うのだが、しかしながらつゆは辛口で旨い。
 ここの天ざるには蕎麦の上に刻み海苔が振りかけてある。ざる蕎麦に海苔はいらないという人も多いらしいが私の場合焼き海苔の質さえ良ければ大歓迎である。
 添えられる野菜天麩羅だがカボチャだけは安物の材料を使っているのか匂いが気になる。揚げ方は問題なしで油も良い質のモノを使っている。そば湯を啜ると気のせいかも知れないがいつもの鰹の香りが足りないように思う。
 蕎麦の大盛りはここの店では1斤半という表現を使うのだが、価格は100円アップするだけでリーズナブルだと思う。脱サラして蕎麦道場に通い店を構えた連中は大盛りというと300円とか400円アップという法外な請求を平気でするのでこの店を見習って頂きたいと思う。





| ワイン日記::お気に入りの店 |
| 01:47 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::ワイン日記::お気に入りの店
All Rights Reserved./Skin:oct