ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

アラルデ・いろはわいんコラボディナー
たまたま facebook のイベント情報から申し込んだスペイン料理とチャコリのワイン会。聞いたこともなかったワインの輸入元ですけど、なんとそこの社長が来店されお話しを聞くことが出来ました。

いくら立派な説明があっても飲んだら・・・ 「あれれ・・・」というワインが多い中、一口飲めば納得の味わいにビックリ。昔セスタスの加勢さんとお会いした時と同じような一種の感動を覚えた瞬間でありました。


まずはロゼの泡で乾杯、これなんとバスクのチャコリなのです。
ARDO APARDUNA Brut Nature Santi Victoris et Santi Jacobi アルド・アパルドゥナ・ブルット・ナトゥーレ・サンティ・ヴィクトリス・エ・サンティ・ヤコビ


ロゼ泡のお供は「苺のガスパチョ」。中身は見えませんが苺と甘エビが入ってます。


続いてアストビサ・ロゼ。


さらにイルスタとイチャスメンディという白のチャコリ。


白ワインにはホワイトアスパラガスに白エビと生海胆。エビの殻は外してほしかったと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 04:11 PM | comments (0) | trackback (x) |

Champagne Lepreux-Penet

生産者のサイトから

C’est l’union de sa fille ainée FLORENCE PENET ET DE JEAN-PAUL LEPREUX qui symbolise la création de la marque LEPREUX PENET.

モンターニュ・ド・ランスのグラン・クリュ、ヴェルズネの栽培醸造家ジャン・マリー・プネの長女フローレンスと同じくグラン・クリュのコミューン、ヴェルズィの栽培醸造家ジャン・ポール・ルプルーが結婚して生まれたのがシャンパーニュ・ルプルー・プネです。

ヴェルズネの畑は元プネ家の所有、ヴェルズィの畑はルプルー家の所有だったわけです。従って別々に醸造、アサンブラージュしてこのブラン・ド・ノワールが出来ました。
| ワイン日記 |
| 06:43 AM | comments (0) | trackback (x) |

Pinot noir N




ピノ・ノワールはブルゴーニュやシャンパーニュだけでなくアルザス・ロレーヌやロワール上流域でも重要な黒葡萄です。

葡萄とアペラシヨンを纏めているサイト によるとピノ・ノワールだけで造られる AOC ワイン

Le cépage « Pinot noir » est utilisé obligatoirement en monocépage pour un des vins de :
Alsace : Alsace, Crémant d'Alsace .
Lorraine : Côtes de Toul , Moselle .
Champagne : Rosé des Riceys .
Savoie : Bugey .
Centre : Menetou-Salon , Reuilly , Sancerre .

アルザス地方では AOC アルザスと AOC クレマン・ダルザス
ロレーヌ地方では AOC コート・ド・トゥール
シャンパーニュ地方では AOC ロゼ・デ・リセ
サヴォワ地方では AOC ビュジェ
中央フランスでは AOC メヌトゥ・サロン、ルイィ、サンセールとなっていますが一つずつ検証してみましょう。

AOC アルザスの葡萄規定は次の通りです。

DENOMINATION EN USAGE CÉPAGES:
Vins blancs : Auxerrois: auxerrois B;
Chasselas ou Gutedel : chasselas B et chasselas rose Rs;
Gewurztraminer : gewurztraminer Rs;
Muscat : muscat à petits grains B, muscat à petits grains Rs, muscat ottonel B;
Muscat Ottonel : muscat ottonel B;
Pinot blanc : auxerrois B, pinot blanc B;
Pinot ou Klevner : auxerrois B, pinot blanc B, pinot noir N vinifié en blanc, pinot gris G;
Pinot gris : pinot gris G;
Riesling : riesling B;
Sylvaner : sylvaner B;

Vins rouges:
Pinot noir : pinot noir N;

Vins rosés (ou Clairet ou Schillerwein):
Pinot noir : pinot noir N.

アルザス+シャスラもしくはアルザス+グートデルはシャスラ・ブランとシャスラ・ロゼが使え、アルザス+ミュスカはミュスカ・ア・プティ・グラン・ブランとミュスカ・ア・プティ・グラン・ロゼのほかミュスカ・オットネルも使われるが、アルザス+ミュスカ・オットネルはミュスカ・オットネルだけしか使えない。

アルザス+ピノ・ブランはピノ・ブラン以外にオーセロワも使える。

アルザス+ピノもしくはクレヴネールはオーセロワ、ピノ・ブランさらには白ワイン用に醸造したピノ・ノワールとピノ・グリも使えると寛容である。

AOC アルザスでピノ・ノワールだけしか使えないのは赤ワインとロゼ。アルザスのロゼは他の白葡萄とのブレンドはできないということです。

一方 AOC クレマン・ダルザスの葡萄規定は

1°- Encépagement

a)– Les vins blancs sont issus des cépages suivants: auxerrois B, chardonnay B, pinot blanc B, pinot gris G, pinot noir N, riesling B.

クレマン・ダルザス白はオーセロワ、シャルドネ、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、ピノ・ノワールそしてリースリングで各葡萄はアサンブラージュ可能なわけです。

b) - Les vins rosés sont issus du seul cépage: pinot noir N.

ところがクレマン・ダルザス・ロゼはピノ・ノワールだけに限られます

Le Crémant d’Alsace est produit selon la méthode traditionnelle et se décline soit en assemblage de plusieurs des cépages prévus par la réglementation, soit en mono-cépage (principalement chardonnay, pinot blanc et riesling).

しかし特例として葡萄名を伴う Produit : Crémant d'Alsace blanc Pinot noir があり、これはクレマン・ダルザス白ワインながらピノ・ノワールだけに限定されるはずです。

コート・ド・トゥールの葡萄規定は次の通り

a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants : aubin B, auxerrois B.
b) - Les vins rouges sont issus du seul cépage pinot noir N.
c) - Les vins gris sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cépages accessoires : aubin B, auxerrois B, meunier N.

従ってコート・ド・トゥールでピノ・ノワールだけしか使えないのは赤ワインに限られます

ロレーヌのもう一つのアペラシヨン・モゼルの葡萄規定はちょっと複雑ですがまずは大前提の葡萄名を伴う白ワイン即ち Moselle Pinot Gris はもちろん pinot gris G だけで造られ、Moselle Müller-Thurgau は müller-thurgau B だけで造られます。

セパージュを伴わないワインの葡萄規定は

1°- Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : auxerrois B, müller-thurgau B, pinot gris G ;
- cépages accessoires : gewurztraminer Rs, pinot blanc B, riesling B.
b) - Les vins rosés sont issus des cépages suivants :
- cépage principal : pinot noir N;
- cépage accessoire : gamay N.
c) - Les vins rouges sont issus du seul cépage pinot noir N.

2° - Règles de proportion à l'exploitation
a) – Vins blancs :
- La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 70% de l’encépagement ;
- La proportion du cépage auxerrois B est supérieure ou égale à 30% de l’encépagement. Cette obligation ne s’applique pas aux opérateurs exploitant moins de 2 hectares en appellation d’origine contrôlée ;
- La proportion du cépage gewurztraminer Rs est inférieure ou égale à 10%.
b) – Vins rosés :
La proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 70% de l’encépagement.

モゼルの白ワインの主要葡萄はオーセロワ、ミュラー・トゥルガウそしてピノ・グリ、補助葡萄はゲヴュルツトラミネール、ピノ・ブランそしてリースリングだが2haに満たない生産者を例外として除きオーセロワの栽培比率は最低30%以上、ミュラー・トゥルガウ、ピノ・グリと合わせて合計70%以上、補助葡萄のうちゲヴュルツトラミネールの栽培比率は10%以下と規定されている。

モゼルのロゼは主要葡萄ピノ・ノワールで補助葡萄ガメイ・ノワール、栽培比率はピノ・ノワール70%以上なのでガメイは30%以下ということ。

モゼルの赤ワインはピノ・ノワールだけしか使えない

次にアペラシヨン・メヌトゥ・サロンの葡萄規定は

V. - Encepagement
a) - Les vins blancs sont issus du seul cepage sauvignon B.
b) - Les vins rouges et roses sont issus du seul cepage pinot noir N.

メヌトゥ・サロンの白ワインはソーヴィニョン・ブランだけ、メヌトゥ・サロンのロゼと赤ワインはピノ・ノワールだけで造られる

近所のアペラシヨン・ルイィの葡萄規定は異なっており

V. - Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus du seul cépage sauvignon B ;
b) - Les vins rouges sont issus du seul cépage pinot noir N ;
c) - Les vins rosés sont issus des cépages pinot gris G et pinot noir N.

アペラシヨン・ルイィの白ワインはソーヴィニョン・ブランだけ、赤ワインはピノ・ノワールだけところがロゼはピノ・グリとピノ・ノワールにより造られる。ところがこんなサイト があるのでご注意ください。

アペラシヨン・サンセールの葡萄規定はメヌトゥ・サロンのそれと同じ。

V. - Encépagement
a) - Les vins blancs sont issus du seul cépage sauvignon B.
a) - Les vins rouges et rosés sont issus du seul cépage pinot noir N.

赤・ロゼともピノ・ノワールだけで造られます。

AOC シャンパーニュは AOC コトー・シャンプノワ同様7つの葡萄が使えますが AOC ロゼ・デ・リセだけはピノ・ノワールに限られます

比較的新しい AOC ビュジェの葡萄規定はややこしいのです。

AOC ≪ Bugey ≫
Vins blancs
- cepage principal : chardonnay B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, jacquere B, mondeuse B, pinot gris G.
Vins rouges gamay N, mondeuse N, pinot noir N.

地理的補足を伴わないビュジェの白ワインの主要葡萄はシャルドネ。補助葡萄はアリゴテ、アルテス、ジャケール、モンドゥーズ・ブランシュとピノ・グリ。
同じく地理的補足を伴わない赤ワインはガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ノワールそしてピノ・ノワールから造られる。

Vins roses
- cepages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cepages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.

ビュジェ・ロゼの主要葡萄はガメイ・ノワールもしくはピノ・ノワールで補助葡萄としてモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリそしてプルサール。

Vins mousseux ou petillants blancs
- cepages principaux : chardonnay B, jacquere B, molette B ;
- cepages accessoires : aligote B, altesse B, gamay N, mondeuse B, pinot gris G, pinot noir N, mondeuse N, poulsard N.

ビュジェ泡もしくはビュジェ弱発泡の白ワインの主要葡萄はシャルドネ、ジャケールそしてモレット。補助葡萄はアリゴテ、アルテス、ガメイ・ノワール、モンドゥーズ・ブランシュ、ピノ・グリ、ピノ・ノワール、モンドゥーズ・ノワールそしてプルサール。

Vins mousseux ou petillants roses - cepages principaux : gamay N, pinot noir N ;
- cepages accessoires : mondeuse N, pinot gris G, poulsard N.

ビュジェ・ロゼ泡もしくはビュジェ・弱発泡ロゼの主要葡萄はガメイ・ノワール、ピノ・ノワール。補助葡萄はモンドゥーズ・ノワール、ピノ・グリ、プルサール。

Denomination geographique complementaire ≪ Manicle ≫
Vins blancs chardonnay B
Vins rouges pinot noir N

地理的補足「マニクル」を伴う、つまりビュジェ・マニクルの白ワインはシャルドネに限る。ビュジェ・マニクルの赤ワインはピノ・ノワールに限られるこれが唯一ビュジェでピノ・ノワールだけという葡萄規定であります。

Denomination geographique complementaire ≪ Montagnieu ≫
Vins rouges mondeuse N
Vins mousseux ou petillants blancs
- cepages principaux : altesse B, chardonnay B, mondeuse N ;
- cepages accessoires : gamay N, jacquere B, molette B, pinot noir N.

地理的補足「モンタニュー」を伴う、つまりビュジェ・モンタニューの赤ワインはモンドゥーズ・ノワールに限定。ビュジェ・モンタニューの白泡もしくは弱発泡白泡の主要葡萄はアルテス、シャルドネとモンドゥーズ・ノワール。補助葡萄はガメイ・ノワール、ジャケール、モレットとピノ・ノワール。

Denomination geographique complementaire ≪ Cerdon ≫
Vins mousseux roses de type aromatique : gamay N, poulsard N.

地理的補足「セルドン」を伴う芳香性ロゼ泡はガメイ・ノワールとプルサール。

AOC ≪ Bugey ≫
Vins blancs La proportion du cepage principal est superieure ou egale a 70 % de l’encepagement.

Vins roses
La proportion des cepages principaux, ensemble ou separement, est superieure ou egale a 70 % de l’encepagement.

Vins mousseux ou petillants blancs
La proportion des cepages principaux, ensemble ou separement, est superieure ou egale a 70 % de l’encepagement.

Vins mousseux ou petillants roses
La proportion des cepages principaux, ensemble ou separement, est superieure ou egale a 70 % de l’encepagement.

Denomination geographique complementaire ≪ Montagnieu ≫
Vins mousseux ou petillants blancs
La proportion des cepages principaux, ensemble ou separement, est superieure ou egale a 70 % de l’encepagement.

主要葡萄と補助葡萄の栽培比率の規定は省略させて頂きます。


イタリアでは Pinot Nero 、ドイツではSpätburgunder 、オーストリアでは Blauerburgunderと呼ばれていますがこれらがシノニムであります。現時点で公表されているピノ・ノワールのシノニムは何と 327 もあります。全部知りたい方はこちらを開いてご覧下さい。2016年のデータより増えています。

ご注意いただきたいのは表記が英語に置き換えられているということ。即ち本来 Spätburgunder とすべきところ VIVC ではSPATBURGUNDER と置き換えられているので鵜呑みにしないということが肝要ではないでしょうか。

さてピノ・ノワールには多くの突然変異があります。よく知られているのはピノ・グリ 、つい先日拙ブログ で述べました。ピノ・ブラン もそうですしピノ・ムニエもまた然り、フランス政府は Meunier N と表記していますが本来の名前は Pinot Meunier であります。

その他には PINOT CIOUTAT ピノ・シウータ(葉の形状が異なる)、PINOT TEINTURIER ピノ・タンチュリエ(果肉まで色付いている)、PINOT VIOLET ピノ・ヴィオレもピノ・ノワールの突然変異により生まれた葡萄であります。
| ワイン日記 |
| 03:36 PM | comments (0) | trackback (x) |

Pinot gris G




良く知られている葡萄ピノ・グリ、ピノ・ブラン同様ピノ・ノワールの果皮色が突然変異によりグレイになったと云われる葡萄ですが「グレイ」と「ロゼ」などの明確な区別の規定は設けられていない模様です。色ですから人によって判断基準が異なるはず、「ルージュ」という果皮色についても微妙であります。

さてピノ・グリには何と220ものシノニムが登録されています。すべてのシノニムはこちら をご覧下さい。

さてシャンパーニュに使うことの出来る葡萄については何度もお知らせしましたが、今なおアン・フュメとやらフロモントーであると主張を繰り返している業者がネットで宣伝しているのでご注意ください。

その業者が言うには

フロモントー(別名:ピノ・グリ)/Flomonteau, Pinot Gris

そして

アンフュメ(別名:ムニエ・フュメ)/Enfume, Meunier Fume

が使えるとしている訳です。まあフロモントーは別名ピノ・グリとしているので問題ないと云えば問題ないのかも知れませんがスペルに注目下さい。Flomonteau という葡萄の名前は VIVC に登録されていません。似た名前のピノ・グリのシノニムは FROMENTEAU GRIS でしょうか、しかしスペルは異なります。

もう一方の ENFUME は VIVC にも登録されていますがあくまで正式名称 PINOT GRIS のシノニムとしての登録であり、正式名称 Enfume という葡萄は存在しません。また Meunier Fume というシノニムもしくは正式名称の葡萄も存在しません。

今一度申し上げますがシャンパーニュに使える葡萄は現在の法令から

V. Encépagement
1° Encépagement :
Les vins sont issus exclusivement des cépages:
arbane B
chardonnay B
meunier N
petit meslier B
pinot blanc B
pinot gris G
pinot noir N

世界に通用する葡萄のデータベースVIVC の正式名称で申し上げると
ARBANE
CHARDONNAY BLANC
PINOT MEUNIER
MESLIER PETIT
PINOT BLANC
PINOT GRIS
PINOT NOIR

ということになります。フランスのワイン法での葡萄名表記は末尾に葡萄の果皮色を示す略号を伴いますが、このような略号を伴う葡萄名表記を VIVC は正式には認めていません。
フランスのワイン法ではピノ・ムニエのピノを省略したりアペラシヨンと同一名称の葡萄(例えば正式名称 ARBOIS BLANC をフランスのワイン法では orbois B と勝手に呼んでいます)を敢えてシノニム表記するなどかなりアバウトな表記であることを覚えておいてください。

さてピノ・グリはアルザスでトカイ・ピノ・グリと長年呼ばれてきましたが現在はそう呼ぶことを禁止されています。2007年4月1日 EU の裁定によりハンガリー原産の葡萄との混乱を招くとしてその使用を禁止されたのです。従って次のシノニムなどはエチケットにも印刷できなくなりました。

TOKAI GRIS
TOKAY
TOKAY D'ALSACE
TOKAY DE ALSACE
TOKAY DI ALSACE

一連の「トカイ」と名の付くシノニムであります。昔の教科書にはアルザス・グラン・クリュに使える4葡萄の一つとして「ピノ・グリもしくはトカイ」と記載がありましたよね、今ではこういった表現も禁止されています。

こちらをご覧下さい。NOMS des CEPAGES からピノ・グリのページをウェブ魚拓させて頂きましたが、シノニムの欄は大変参考になるのでお勧めです。

コピーしますと

Synonymie : tokay en Alsace, pinot-Beurot en Bourgogne et en Pays nantais, malvoisie en Pays de Loire et en Savoie, auvergnat dans la région d'Orléans, rulander en Allemagne, fromenteau ou fromentot, enfumé, grauer klevner,

即ちアルザスではトカイ、ブルゴーニュとペイ・ナンテ(ロワールの河口付近)ではピノ・ブーロ、ロワール流域とサヴォワではマルヴォワジー、オルレアンではオーヴェルナ、ドイツではルーランダー、その他フロマントーもしくはフロマント、アンフュメ、グラウアー・クレヴナーと続くわけですが、地域ごとにシノニムが異なりそのシノニムがアペラシヨンに反映される場合があります。

マルヴォワジーがその一例でアペラシヨン・コトー・ダンスニの白ワインだけのデノミナシヨンに Coteaux d'Ancenis Malvoisie が存在します。拙ブログで昔説明しましたが VDQS Coteaux d'Ancenis のとき白ワインのほとんどはピノー・ド・ラ・ロワール即ちシュナン・ブランだったのです。法令改正によりシュナン・ブランは使えなくなり現在では栽培できないはずですが現状ではまだシュナン・ブランで白ワインを生産しているのでピノ・グリで造られる白ワインに Coteaux d'Ancenis Malvoisie というデノミナシヨンを制定したと考えます。
| ワイン日記 |
| 02:14 PM | comments (0) | trackback (x) |

Bourgogne Côte d'Or ブルゴーニュ・コート・ドール誕生

私が兼ねてから申し上げていた「ブルゴーニュ・コート・ドール」がアペラシヨン・ブルゴーニュの新たなデノミナシヨンとして先日決定、政令公布されました。

初めて提案したと記憶にあるのはこちら、シャブリ周辺だけにやたら新しいデノミナシヨンが制定されるのはおかしいと当時から不審に思っておりました。2007年12月の事ですので10年前から申し上げてきたわけですがやっと日の目を見たというか、遅すぎたブルゴーニュ・コート・ドールの誕生であります。

政令の詳細はこちらからファイルを開いてください。

Modifié et/ou complété par : の下の Cahier des charges de l'appellation d'origine contrôlée Bourgogne - B.O. n°46 du 16 novembre 2017 をクリックして「ファイルを開く」をクリックすると最新のアペラシヨン・ブルゴーニュの法令が開きます。

2017年10月30日決定、11月7日政令公布とあります。



Denomination geographique complementaire ≪Cote d’Or ≫ Vins tranquilles blancs ou rouges.

ブルゴーニュ・コート・ドールはロゼを除く赤と白のスティルワインで泡は含まれません。

≪ Cote d’Or ≫
- Dans le departement de la Cote-d’Or :
Communes entieres : Aloxe-Corton, Bligny-les-Beaune, Brochon, Chassagne-Montrachet, Chenove, Chorey-les-Beaune, Comblanchien, Corgoloin, Corpeau, Couchey, Fixin, Gevrey-Chambertin, Gilly-les-Citeaux, Ladoix-Serrigny, Marsannay-la-Cote, Morey-Saint-Denis, Puligny-Montrachet, Santenay, Vougeot.
Communes prises en partie : Auxey-Duresses, Beaune, Chambolle-Musigny, Dijon, Flagey- Echezeaux, Magny-les-Villers, Meursault, Monthelie, Nuits-Saint-Georges, Pernand-Vergelesses, Pommard, Premeaux-Prissey, Saint-Aubin, Saint-Romain, Savigny-les-Beaune, Volnay, Vosne-Romanee.
- Dans le departement de Saone-et-Loire :
Communes prises en partie : Cheilly-les- Maranges, Dezize-les-Maranges, Remigny, Sampigny-les-Maranges.
L’Institut national de l’origine et de la qualite depose, aupres des mairies des communes prises en partie, les documents graphiques etablissant la limite de l’aire geographique approuvee lors de la seance du comite national competent du 12 fevrier 2015.

ブルゴーニュ・コート・ドールの範囲はアロース・コルトン以下サンピニー・レ・マランジュに至る各コミューンの範囲内であり、INAO が2015年2月12日制定の各コミューンのアペラシヨン・ブルゴーニュの範囲に限られるということでしょう。

葡萄についての規定はコート・ドール県なので

1°- Encepagement
a) - Les vins blancs sont issus des cepages suivants :
- cepages principaux : chardonnay B, pinot blanc B ;
- cepage accessoire : pinot gris G.
b) - Les vins rouges sont issus des cepages suivants :
- cepage principal : pinot noir N ;
- cepages accessoires : chardonnay B, pinot blanc B, pinot gris G

白ワインの主要葡萄はシャルドネもしくはピノ・ブラン、補助葡萄としてピノ・グリは30%以下。赤ワインはピノ・ノワールだけで白系葡萄は混植の場合のみ許可され15%以下という栽培規定があります。

2018年ヴィンテージから登場するであろうブルゴーニュ・コート・ドール、残念なことに今までより価格高騰は必至かもしれません。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:48 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::ワイン日記
All Rights Reserved./Skin:oct