ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

天満橋フレンチ Origin
地下鉄谷町線そして京阪本線の天満橋駅から徒歩5分もかからない便利な場所のフレンチ。いつも通り過ぎてばかりでしたがようやく初訪問です。以前はフジマル醸造所? その前はビストロ・カメキチさんの支店があった場所です。

ワインリストを拝見すると日本ワインがずらり並んでいますが、肝心の高畠ワイナリーは載っていません。リストの半ば過ぎると所謂自然派ワインだけでなく著名ドメーヌのブルゴーニュがありホッと一息ですがお値段は財布に優しくありません。取敢えずピエール・フリックの泡をお願いしました。ソムリエールはワインの生産者に詳しく豊富な経験がおありのようで実に頼もしい。


本日のアミューズグールでしょうか、チョロットではなくかなりのボリュームで登場です。

奥の串刺しはサン・ピエール肝の燻製、ガラスの器は蛸のクスクス、そしてホロホロチョウのレバームースと蛸が好んで食べるというエビの春巻き。どれもが一工夫施されていて実に旨い。


自家製の焼き立てパン。


蛸の柔らか煮込み、覆っているグリーンの野菜が実に素晴らしい。もちろん蛸も旬の力を発揮しています。


ヤングコーンと云ってもかなりでかいもののフリット、クリームソース。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:33 AM | comments (0) | trackback (x) |

中国菜浜正@東芦屋町
「はましょう」と読む中国料理のお店です。バブル全盛時代このすぐ近所に高級焼き肉店がありましたが、今はその面影も残っていません。阪急蘆屋川駅から線路の北側歩道橋を上り芦屋川を渡り東へ向かい3つ目の四つ辻を左折して左手にあるエクセレント芦屋の1階にあります。今の時期歩けばひと汗かいてしまうのでタクシーにお願いする方が無難かもしれません。

店内は明るくカジュアルな雰囲気なのでマニア向けではありませんが、味のレベルは極めて高く、しかもお値段は庶民的ですのでお勧めであります。


まずは前菜の中から海月と干し豆腐。所謂クラゲの酢の物ですがクラゲの質、味付けも高級中国料理のレベルで干し豆腐との相性も素晴らしい。


続いて蒸し鶏ジンジャー・ソース。胡瓜とトマトが添えられボリュームも申し分ありません。


そして手作り焼売はきっちりと作られとても美味しい。添えられる辛子を付けると一層風味良くなります。


大海老のマヨネーズソースは隠し味が・・・

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 01:26 PM | comments (0) | trackback (x) |

ワイン大学第386回ル・ベナトン@阪急夙川









▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 02:22 PM | comments (0) | trackback (x) |

Petit Courbu 正式名称 Courbu Petit




フランス政府の登録呼称はプティ・クルビュですが、世界の葡萄データベースVIVC2 に於いては正式名称クルビュ・プティとなっています。クルビュを伴う似た名前の葡萄、プティ・クルビュとクルビュ・ブランについては画像を含め拙ブログのこちらから順にご覧になればご理解頂けるはず。

旧VIVC のパスポートデータはこちら、新しい VIVC2 のパスポートデータはこちらです。比較したらお分かり頂けるはずですが、シノニムは最近一つだけ増え、親子関係のある葡萄が見つかったことが相違点であります。

新しく登録されたシノニムは「PETIT COURBU BLANC」、親子関係が分かった葡萄とは「ONDENC」、オンダンクであり拙ブログではこちらで書いたばかりです。

レ・セパージュのサイトのシノニムに関する記述は VIVC2 の見解とは相違します。即ち petit courbut, courtoisie, hondarrabi zuri zerratia プティ・クルビュ(ット)、クルトワジー、オンダラビ・ズリ・ゼラティアなる名称はプティ・クルビュとは無関係であります。

当該葡萄が使えるアペラシヨンについて現在の法令に適うサイトはこちら、まあ余計な IGP の葡萄規定がいっぱい載っていますけど。しかしこんなサイトもあります。検証して参ります。

AOC イルレギの白ワインでは主要葡萄として使えますが、同アペラシヨンのロゼでは当該葡萄は補助葡萄であります。

AOC Irouléguy の葡萄規定から白ワインとロゼについての記述をコピーすると

Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
courbu B, gros manseng B, petit courbu B et petit manseng B.

Les vins rosés sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : cabernet franc N, cabernet-sauvignon N, tannat N ;
- cépages accessoires : courbu B, gros manseng B, petit courbu B, petit manseng B.

Vins rosés :
La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 90 % de l’encépagement.

Assemblage des cépages
- Pour les vins blancs, au moins deux cépages sont obligatoirement présents dans l’assemblage.
- Pour les vins rosés, la proportion des cépages accessoires est inférieure ou égale à 10 % dans l’assemblage.

即ちアペラシヨン・イルレギの白ワイン用ブドウはクルビュ・ブラン、グロ・マンサン、プティ・クルビュの3つで、そのうち2種類の葡萄をブレンドすることが義務付けられています。(ということは必ずしもプティ・クルビュが使われなければならないということにはなりませんね)

ところがイルレギのロゼに関しては白系葡萄である当該葡萄は補助葡萄であります。栽培比率もブレンド比率も同じく10%以下。イルレギでは白ワインに限り主要葡萄でロゼでは補助葡萄であるというこちらのサイトを評価させて頂きます。

AOC パシュランク・デュ・ヴィク・ビルでも主要葡萄として使えます。

Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : courbu B, petit courbu B, petit manseng B, gros manseng B ;
- cépages accessoires : arrufiac B, sauvignon B.

La proportion de l’ensemble des cépages principaux est supérieure ou égale à 60 % de l’encépagement
;
- La proportion de chacun des cépages principaux est inférieure ou égale à 80 % de l’encépagement ;
- La proportion du cépage sauvignon B est inférieure ou égale à 10 % de l’encépagement.

アペラシヨン・パシュランク・デュ・ヴィック・ビルの主要葡萄はクルビュ・ブラン、当該葡萄、プティ・マンサンそしてグロ・マンサン、補助葡萄としてアリューフィアックとソーヴィニョン・ブランで主要葡萄のブレンド比率は60%以上、主要葡萄のうち一つの葡萄の割合は80%以下と制限され、また補助葡萄のソーヴィニョン・ブランの栽培比率は10%以下と制限されます。

AOC サンモンでは補完葡萄即ち必須葡萄としてブレンドが義務付けられています。

Vins blancs :
- cépage principal : gros manseng B ;
- cépages complémentaires : arrufiac B, petit courbu B ;
- cépages accessoires : courbu B, petit manseng B.

サンモンの白ワイン用主要葡萄はグロ・マンサン、補完葡萄としてアリューフィアックと当該葡萄、補助葡萄としてクルビュ・ブランとプティ・マンサンとされています。

Vins blancs :
- La proportion du cépage gros manseng B est supérieure ou égale à 50 % de l’encépagement ;
- La proportion de l’ensemble des cépages complémentaires est supérieure ou égale à 20 % de l’encépagement.

サンモンの白ワインは主要葡萄グロ・マンサンの栽培比率は50%以上、補完葡萄のブレンド比率は20%以上と定められています。

Les vins sont issus d’un assemblage dans lequel sont au moins présents le cépage principal et les cépages complémentaires ;
- Dans l’assemblage, la proportion du cépage principal est supérieure ou égale à 50%.

サンモンの白ワインの葡萄のブレンド比率については栽培比率同様グロ・マンサン50%以上、アリューフィアックもしくは当該葡萄のどちらかを伴う必要があります。

AOC ジュランソンと AOC ベアルンでは補助葡萄となっていますが、いずれの場合も10%以下というような規制は設けられていません。

ジュランソンの葡萄規定

a) - Les vins sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : gros manseng B, petit manseng B,
- cépages accessoires : camaralet de Lasseube B, courbu B, petit courbu B et lauzet B.
b) - Les vins susceptibles de bénéficier de la mention « vendanges tardives » sont issus des seuls cépages petit manseng B et gros manseng B.

La proportion des cépages principaux est supérieure à 50 % de l’encépagement.

ジュランソンの主要葡萄はグロ・マンサンとプティ・マンサンでその栽培比率は50%以上。補助葡萄はカマラレ・ド・ラソーブ、クルビュ・ブランに当該葡萄とローゼ。しかしヴァンダンジュ・タルディヴの表示を伴うワインに限り一切の補助葡萄は使えない。

ベアルンの葡萄規定及びブレンド規定

Les vins blancs sont issus des cépages suivants :
- cépages principaux : gros manseng B, petit manseng B, raffiat de Moncade B ;
- cépages accessoires : camaralet de Lasseube B, courbu B, lauzet B, petit courbu B, sauvignon B.

Vins blancs :
- La proportion des cépages accessoires est inférieure ou égale à 30 % de l’encépagement.
- Le cépage raffiat de Moncade B est obligatoirement présent dans l’encépagement.

b) - Assemblage des cépages
- Pour les vins rouges et rosés, le tannat N représente au moins 50 % de l’assemblage.
- Pour les vins blancs, le cépage raffiat de Moncade B représente au moins 50 % de l’assemblage

AOC ベアルンの葡萄規定は注意が必要です。まず主要葡萄として3つの葡萄が挙げられていますが義務付けられているのはその3番目に記載されているラフィア・ド・モンカードであります。ブレンド規定にも明記されていますがラフィア・ド・モンカードのブレンド比率は50%以上となっており、主要葡萄としてのグロ・マンサン、プティ・マンサンは意味を成していないように思われます。尚、補助葡萄の栽培比率は30%以下というだけですので当該葡萄が10%以下というのは当て嵌まりません。

従ってこちらのサイトの記述は正しいとは云えません。

| ワイン雑感 |
| 04:57 PM | comments (0) | trackback (x) |

第387回クードポール・ワインを楽しむ会
メンバーの大半は世界中を食べ歩いておられるグルメ・グルマン諸氏であり、ワイン選びも大変であります。


まずは桃のスープ、ドザージュの極めて少ないシャンパーニュ・ブラン・ド・ブランを合わせます。


前菜の魚介類の入ったガスパチョ。オマールやマグロなどいろいろですが秀逸なのは蛸。


前菜の2つ目は河内鴨のロース煮、プラムのソース。これにはイタリア・ウンブリアの熟成した赤ワインを選びました。ブレンドされているチリエジョーロの香りがソースに良く合います。


鱧のポワレ、玉葱のムース タプナード風味。ワインは驚きのイタリア・ソーヴィニョン・ブラン。もちろん赤ワインとも相性良し。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 04:25 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋
All Rights Reserved./Skin:oct