ワインとピアノのある部屋

ワインと食、音楽そして日々の事柄を書き綴ります。

唐閣 T'ANG COURT
出発地点メトロの駅炮台山(Fortress Hill)はそれほど混んではいなかったのですが乗換駅金鐘(Admiralty)の荃湾行きホームが酷い混雑だったのです。

言い方が悪かったかも知れません。人、人、人の大行列ではなく黒山の人集りが出来ていたのです。折からの雨のため地上に居られなくなった人々が地下に集結したのかと思いました。

地下鉄に乗るためには日本のように整列して待つのではなく、ホームは人で溢れかえっています。ラッシュアワーの時間帯では1分程で次の車両が到着するのですが、増える一方の待ち客に降りる客が殆ど居ないため身動きできない状態になってしまいました。

やって来る車両の中をよく見ると先頭車両とその次の車両はガラガラで私が並んでいる?中程のホームだけが異常に混んでいると云うことが分かったのですが時既に遅し。結局小一時間程もみくちゃにされながらやっと次の駅に到着したのは出発してから 1時間 20分後のことでした。

地上に出れば大雨が待っていますが、ホテルで借りた大きな傘が役立ちました。地下鉄から歩いても 5分のところランガムホテルの 2階にあるのが本日の夕食処唐閣(タンコート)であります。

唐閣は昨年末・年始に泊まったホテル内のメインダイニング。階段を上がって厨房からすぐのテーブルに案内されたのは以前と同じであります。日本人は奥の目立たない席に座らせるのが常なのでしょうか。私の場合厨房からすぐの方が料理が冷めないので有り難いと思っていたのですけどね。

で、早速用意した通りセットメニューをアレンジしてこちらの希望通りにして頂き、価格的にも納得したのでそれを注文。ワインはお高いシャンパーニュを避け、スパークリングワインを、また蒸し暑い地下鉄ホームに長居したため喉が渇いたのでペリエを注文。

とりあえず聞いたことのない泡を注文したものの後で調べてみたら何とルーマニアのワインでした。

Zarea Diamond Blanc Brut Methode Traditionnelle NV HK$ 410

こちらによると Chardonnay 60%, Feteasca Regala 40% とのことですが フェテアスカ・レガーラ Fetească Regală とは VIVC のサイトからこちらをご覧下さい。ルーマニア原産の白葡萄ですがその父母はモルドヴァ原産の葡萄です。結論から申し上げると少しひねた感じの泡量少なめスパークリングワイン。シャンパーニュと同じ製法ですから「熟成」がお好きな人には向いているのかも知れません。








▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 02:19 PM | comments (0) | trackback (x) |

香港に到着
言い忘れてましたが、最初に案内されたのは 32 階のお部屋。ところがカードキーを差し込んでも赤色 LED が点滅して開きません。近くを通り掛かったメイドさんにお願いしてもやはり開かないままなのでフロントまで降りる羽目になりました。

旅行にトラブルは付き物ですが、トラブルが想い出となって残るのも確かであります。交渉の結果5階上のクラブ・フロアに昇格、やっと一息付けました。

外は豪雨なので散歩にも行けず、プリントアウトして持参したメニューとにらめっこすることに。先ずはコンシェルジュに頼んで今晩の「唐閣」を予約してもらいます。コンシェルジュ・デスクの下には香港版食べログの「オープン・ライス」が開いており、手っ取り早く事を済ませることが出来ました。

唐閣ではセットメニューが用意されていますが8月のそれは次の通りです。

太白醉翁蝦 Drunken prawns

竹笙菜膽鮑翅 Braised shark's fin with fungus, Chinese cabbage in casserole

唐閣片皮雞 Golden-fried crispy "T’ang Court" chicken

清蒸東星斑 Steamed spotted garoupa

一品原隻南非鮑魚 Braised whole abalone with fish maw, Beche-de-Mer and seasonal vegetables

蔥蒜豆豉爆雞 Stir-fried sliced chicken with spring onions, garlic and black bean

和牛粒炒飯 Fried rice with diced Wagyu beef, coriander and olive seeds

鮮果配美點 Fresh fruit and Chinese petit fours

これをそのまま注文するのが普通なのですがアレンジも可能です。2番目のフカヒレをチェンジして代わりに・・・

蟹皇竹笙官燕卷 Stewed bamboo pith rolls filled with imperial bird’s nest and topped with crab roe

こちらと入れ替えて貰おうと思うのです。また怪しげな和牛入りチャーハンは遠慮して麺類にチェンジする予定です。

ホテルのプールは3階にありますが屋外のため風雨が強いと開店休業状態。時間はあっという間に過ぎていきボチボチタクシーで行こうと思ったら時間的に混んでいるから九龍サイドには行けないと断られてしまいます。
どのタクシーに聞いて貰ってもこたえは「ノー」と云うことで仕方なくメトロで行くことに相成りました。

ところが、今まで見たこともない人、人、人の大行列が待っていたのです。


| 食べ歩き |
| 12:09 PM | comments (0) | trackback (x) |

香港へ
関空発香港行きはいろんな航空会社が選べますがお気に入りはキャセイ。香港でのラウンジが大きくて便利、食べ物もいろいろ揃っているしシャンパーニュも美味いのでキャセイ・パシフィック航空がお薦めです。座席は予め旅行代理店にお願いしておくと良い席を確保してくれます。ウェルカム・シャンパーニュはアンリオ。無難な選択でしょうね。昔は飲んでばかりでしたが、最近はきっちり食事を摂るようにしています。


先ずは前菜、帆立貝柱の冷製オーロラソース、サヤインゲンに何故かイクラが付け合わせ。別皿にてコンビネーションサラダと梅色蕎麦。パンは数種類から選べますが期待しない方がベターでしょう。強いて申し上げるような旨さはございません。


メインディッシュは3種類の中から選択ですが無難なのは牛フィレ。OGビーフのフィレステーキですがもちろん焼き具合など選べることはありません。付け合わせにはまたもサヤインゲンとマッシュルーム、人参だけは悪くありませんでした。OGビーフは独特の匂いがあり、好きになれない食材であります。ところがこの匂いが赤ワインで消えるのです。なかなか優れた赤ワインは後ほど。


殆どの人が敬遠する中、しっかり食べさせて頂いたのがフロマージュ。フルム・ダンベールは日本で売っている物とは大違いで、塩辛くありません。これに合うのがポルト酒です。ウォッシュは熟成していないのでイマイチでしたがブルーはお代わりしました。

で、そのご機嫌な赤ワインがこちらです。メゾン・ルイ・ジャドーがかなり前に買収したシャトー・デ・ジャックのモルゴン 2010年ヴィンテージであります。

ガメイ・ノワールは臭いワインという認識の方々が多いはずですが(私もその一人)、目から鱗だったのがこの生産者のボージョレでした。ジャドーが買収した直後のことでしたがピノ・ノワールとしか思えない優雅な香りに圧倒されたのはハッキリ記憶しています。ガメイ・ノワールはピノの原種であるはずの PINOTホイニッシュ・ヴァイスの間に生まれた葡萄であり、元々ピノ系ですから、妙な匂いとは無縁なはず。昔我々が飲まされた臭いボージョレとは生産者の造り方が原因だったのかも知れません。

ガメイ・ノワールに対して嫌悪感を抱いておられる向きには是非とも飲んで頂きたいのがこのワイン。

2010年とモルゴンとしては若いヴィンテージなのですが、強烈な酸もなく穏やかで丸みを帯びており既に飲み頃かも。お肉の臭みはワインを一口飲めば消えてしまうのです。

デザートのあとにはアイスクリームやチョコレートのサービスもあり至れり尽くせり。難を申し上げるとすればシャンパーニュの温度でしょうか。冷たいシャンパーニュをお願いしても白ワイン並みというか、赤ワインよりは少し冷えている程度のものしか持ってこられませんでした。
▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 03:48 PM | comments (0) | trackback (x) |

第178回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会メニュー決まりました
来週30日土曜日の午後7時、英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会第178回目を迎えます。食材の段取りが付いた模様でメニューが送られて参りましたのでお知らせ致します。

先付:蓴菜、ポン酢

口取:小芋衣かつぎ、蛸の子、千石豆、冬瓜干し蝦、水茄子生ハム巻き

向付:メイチダイ造り、あしらい一式、山葵醤油

煮物:蛸柔らか煮、木の芽

焼物:真魚鰹西京焼き、青唐

酢物:毛蟹、刻み胡瓜、三杯酢

揚物:天麩羅・鱚紫蘇巻き、賀茂茄子、南瓜

鍋物:鱧小鍋、鱧、玉葱、レタス、薬味ポン酢

すし:穴子、メイチダイ、鮎、剣先烏賊、帆立貝柱

果物:ピオーネ

以上です。

盆明けに夏休みを頂き、香港に行って来ました。コーズウェイベイよりさらに東側、ほぼノースポイントに近いところのホテルを選んだため(繁華街からちょっと外れたところ)、香港の人たちの買い物に密着できました。魚介類は生きているのが当たり前、スーパーマーケットの魚介売り場でさえ泳いでいる魚がうようよ。甲殻類はすべて生きている物だけ。淡水魚なんて食べることも知りました。鯉がいっぱい並んでいましたがやはり淡水魚独特の匂いが辺りに充満しておりちょっと近付くのに躊躇。蛙は日本の食用蛙とは別の種類みたい。もちろん生きてました。

魚はある程度想像できましたが、驚いたのは鶏の類。ケージに入っているのは産地別の銘柄鶏。買いに来た人はかごの中の鶏を選ぶと・・・ お店の人はその場で捌いてしまうのです。豚肉、牛肉も目の前で部位を切り分けるので日本とは全く異なります。

香港のお話はまた改めてお伝えしたいと思います。

| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 04:03 PM | comments (0) | trackback (x) |

Cheverny 2010 Domaine Philippe Tessier
フランスはロワールの白ワイン、場所で申し上げるとロワール川の左岸で、ロワールの古城巡りで有名なブロワ城(ロワール右岸)から南東に15kmほどのシュヴルニー城の周辺の AOC シュヴルニー。生産者はドメーヌ・フィリップ・テシエ。

このワインについては拙ブログで何度も取り上げました。こちらを見ると 2003年から 2007年ヴィンテージ(?)まで毎年のように飲んでおりましたが、いつしか忽然と姿を消してしまいました。

以前はモトックス社が輸入していたのですが輸入というお仕事、契約の世界ですので複数年続いたところでその翌年は必ず契約できるかどうか定かではありません。

たまたまネットで見つけたので買ってみると輸入元はこちらに替わっていました。

ドメーヌ・フィリップ・テシエのサイトはこちら、アペラシヨン・シュヴルニーの法律詳細についてはこちらをご覧下さい。

AOC Cheverny に関する条項を見るとその地域としてロワール川の左岸、シェール川より北に位置するロワール・エ・シェール県のいくつかのコミューンに付与されるアペラシヨンで 1973年に VDQS、1993年にアペラシヨンを取得しました。

現在の法律ではシュヴルニーには白、赤そしてロゼがあり、葡萄は2種類以上のブレンドが必至となっています。日本語のサイトではこちらをご覧下さい。赤・ロゼは省略して白ワインに使える葡萄は主要たるソーヴィニョン・ブランとソーヴィニョン・グリ、補完(必須)葡萄としてシャルドネ、シュナン・ブラン、オルボワとありますが正式名称で申し上げると

Sauvignon Blanc
Sauvignon Gris

Chardonnay Blanc
Chenin Blanc
Arbois Blanc

であります。

さてここでホット・ニュースです。ソーヴィニョン・グリについては拙ブログのこちらで取り上げたときはそのオリジンについて不明でしたが 2014年 8月 15日という日付、ということは一昨日更新され、ソーヴィニョン・グリはソーヴィニョン・ブランの突然変異種であることがパスポートデータに載りました。

オルボワはシノニムで正式名称アルボワ・ブラン、拙ブログで取り上げた時点で、このアルボワ・ブランはホイニッシュ・ヴァイスを母とする葡萄と VIVC のパスポートデータにあったにも拘わらず、現在はこちらの通りペディグリーの蘭は空白になってしまいました。即ちホイニッシュ・ヴァイスとの親子関係は抹消されたと云うこと。

葡萄のオリジンについてはまだまだ未解明というのが現在の状況であります。

さて前置きが長くなりましたがこのワイン、昔と変わらずソーヴィニョン・ブランだけのワインと違い特有の香りと刺激の少ない酸味が非常に心地良い、美味しいワインであることをお伝えしたいと思います。

トゥーレーヌ地区ではあまり目立たない存在ですがこの生産者のシュヴルニー・ブランはお薦めの1本であります。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 04:30 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋
All Rights Reserved./Skin:oct