ワインとピアノのある部屋

ワインと食、音楽そして日々の事柄を書き綴ります。

なにわフレンチびぎん第46回ワイン会
twitter でお付き合いのある周防町のレストラン店主から「キャンセル発生」と連絡を受け急遽参加することに相成りました。

内容は5種類のお料理とそれに合う5種類のワイン、会費はすべて込みの¥8,800 とお安い!

まずお料理は日本料理に使うお椀に盛られた「信州開田高原のとうもろこし『めぐみ』の冷製スープ」トッピングは黒胡椒。シノワで濾して供するのが一般的でしょうが、わざと濾さずに玉蜀黍の食感を残した仕上がりです。


このスープに合わせるのが「ファウンドストーン・ブリュット・キュベ」オーストラリア名門ワイナリーの新作スパークリングとのこと。ネットで調べると Berton Vineyards Foundstone Brut Cuvee NV 、インポーターはモトックスでした。ガス圧 5.5 気圧とのことですがシャンパーニュ方式ではなく炭酸ガス注入方式のためでしょうか、グラスに注がれた液体にそれだけの泡は感じません。口に含むとまず甘い、そこそこの酸もありますが炭酸が弱いためにしつこく感じてしまいます。葡萄はシャルドネ 72% 、ピノ・グリージョ 22% 他とあるのですけど「他」って何なのか説明がないところがモトックスらしい。


つぎは「根室直送! 本紅鮭のポワレ 高知県産ハスイモを添えて」という鮭のステーキ。ハスイモはマリネされているのですがそれに使われる「酢」が疑問であります。鮭自体は旬の食材で美味しいのですが2度焼きなのか身が固いのが難点。切り身に粉振ってムニエルの方が有り難かったかも。

合わせるワインは「ウルフトラップ ホワイト 2013」(メニューの通り表記) Boekenhoutskloof Wolftrap White 2013 ブーケンハーツクルーフ ウルフトラップ・ホワイト という南アフリカのワイン。葡萄はヴィオニエ 46%、シュナン・ブラン28%、グルナッシュ・ブラン26% とのこと。一口飲めば分かる重いワイン、香りは暑苦しいですし味はボテッとしているいわゆる重口。ワインだけ飲めば「濃い濃い」かもしれませんがこの手のワインは食事に合わせにくいのが特徴です。鮭を食べてからワインを口に含むと、鮭の生臭さが出てしまうのでこれは明らかにミスマッチであります。またハスイモの酢がワインとは全く合いません。


「USブラックアンガス牛のリヴロースのローストビーフ、北海道産西洋わさびのカクテルソースで」(rib roast なのでリヴではなくリブロースが本来の表記)シナチクのようなものとのサラダ仕立てですが残念ながらローストビーフ本来の美味しさが感じられない。火が通りすぎ、薄くスライスしすぎでシナチクみたいなモノの食感だけしか印象に残らないのは残念であります。

ここで赤ワイン「Equus エクウス 2010」ヴィーニャ・サンタ・マリーナというワイナリーの赤ワインでテンプラニーリョ、カベソー、シラーのブレンド。フレンチオークとアメリカンオーク樽熟成6ヶ月とのこと。残念ながら熟成途上のワインで味がバラバラ、というか落ち着きがありません。刺激が強いので薄味料理とは全く合いません。


次の料理は「鳥取県産ととりこ豚スペアリブのコンフィ、お野菜のドレッシングを掛けて」。このお料理はとても良かったと思います。豚の脂分はすっかり落ちて旨味だけが残ったコンフィにラヴィゴットソースがよく合います。

ところが合わせるワインは「フィアーノ 2013」とだけのご説明。ラベルを見れば DOC サンニオの葡萄規定に適うワインであり、ワイン名は「サンニオ・フィアーノ」とすべきです。生産者はこちら ワインとしては悪くないのですが、これは薄目の辛口で、刺激の強い赤ワインの次に飲むと随分と頼りなく感じてしまいます。つまり順番間違い。念のために付け加えますが DOC Sannio の規定はこちらをご覧下さい。


最後のお料理は「鳥取県産ととりこ豚のフィレ肉、デュクセル」。デュクセルとはソース・デュクセルのことでマッシュルームのみじん切りのソース。ドングリを食べて育った豚のジューシーな部位を期待したのですがやはり二度焼きみたいにしっかり芯まで火が通ったお料理でした。

でもワインは素晴らしい。「フランソワ・セルヴァン シャブリ・プルミエ・クリュ・ヴァイヨンのプライベート 2006 」マグナムボトルであります。これは熟成した本来のシャブリであり、刺激的な強い成分が消え、角の取れた酸そしてミネラルが渾然一体となった飲み頃シャブリであります。これならどんな料理とも相性が良いはず。

ワインとは熟成を経て飲み頃に到達してから味わいたい飲み物であり、最後のワインだけはそれに合致していました。残念だったのはお料理に合わせたワインはグラス1杯だけだったこと。その量もグラスになみなみと注がれる訳ではなくグラスの半量以下、グラスにもよりますが大目に見ても 80cc 程ではなかったでしょうか。5杯ですからトータルで 400cc ほどなので私のような飲み助には足りません。ですが隣のお席の場合、お連れの女性は殆どお飲みになっていませんのであまり飲まない人と行くのなら適量だったかも知れません。

我がワイン大学定例会は大体お一人ボトル1本分以上は飲んで頂いてますので「足りない!」との不満の声はあまり聞きませんが。

▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 06:25 PM | comments (0) | trackback (x) |

麺匠パスタ馬鹿一代ランチA
スケジュールが変更になり久し振りの完全休日となったので昼から食べ歩き。facebook から情報いただきランチタイムにお出掛けです。

日本一こだわり卵を使ったカルボナーラがメインで最初に冷たいパンプキンスープが出てきます。


台風が近付いているからでしょうか、かなり蒸し暑いので冷たいスープは有り難い。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 04:41 PM | comments (0) | trackback (x) |

第 179 回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
東京からお越しのメンバーさんが復帰され、何と10年ぶりにお越しのマダムも加わり盛会となった第179回、いよいよ来月は15周年です。


先ずは先付けのキノコのおろし和え、青森は北上山地の天然舞茸であります。天然舞茸は原木栽培のものと比べて遙かに強い香りが特徴でしょうね、歯触りも良い、美味しいキノコです。


口取りは真菰筍、紫頭巾、ホースラディッシュの漬け物、茄子の揚げ煮そして秋刀魚の昆布締め。真菰筍の食感が面白い。


お造りは鳥取県からの白烏賊、刺身のつまは大根ではなくキャベツ。烏賊は随分と肉厚で甘い! 烏賊の刺身は山葵より生姜醤油の方が好みなので私にとっては有り難い供し方です。


茂魚の煮付けは牛蒡と共に木の芽で留められますが、刺身に使える最高品質の茂魚ならではの食感が素晴らしい。塩梅、味の染み込ませ方も最高です。


これも本日の特選素材の一つで天然鰻は塩焼きで、胃袋と肝も添えられます。身はもちろんのこと皮の旨さは格別です。美味しいものは一切れだけではもの足りませんね、英ちゃんならたっぷり食べて頂けます。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 03:07 PM | comments (0) | trackback (x) |

第81回夙川直心日本料理とワインの夕べ
急に寒くなり赤ワインの季節到来です。暑いとどうしてもシャンパーニュ、白ワインが飲みたくなりますが寒さを感じると赤ワインが恋しくなるのは私だけではないように思いますが如何でしょうか。


先ずは突きだし3種類、初っ端は焼き茄子に由良の赤海胆、旨出汁を掛けて山葵で留めます。旨出汁がちょっと塩辛いように思ったのですが・・・ 


2番目は北海道仙鳳趾の牡蠣の昆布焼き。牡蠣を焼くと旨味が凝縮されますね、昆布の上に載せて焼くと更に濃厚になります。


イクラの醤油漬けにウズラの温泉卵、振り柚子。卵には卵を合わせると更に美味くなる一例で、キャヴィアに半熟茹で卵の冷製を合わせるのと同じです。イクラの醤油漬け、料理人により2つのタイプに分かれますが、こちらは「プッチン」する方です。


お椀は煮物椀ではなく焼いた白甘鯛を使ったもの。妻は生木耳、あしらいに紅葉麩、吸い口は輪柚子。吸い地に甘鯛の旨味が加わりとても美味しい。


お造り1品目はメイチダイ。ちょっと小振りだったのが残念。


秋刀魚の皮を引くご主人。もちろん中骨は抜かれてあります。タッパーから取りだして「ホイ」とお皿に盛るのは刺身とは云えないと思います。


その秋刀魚と富山蝦、濃厚な海老味噌も添えられ山葵で頂きます。


紫頭巾参上、と云っても丹波地方の黒豆の枝豆です。もちろん茹で立て。


焼き物は「鯧」と書いて「まながつお」、ガリ生薑を添え酸橘を搾って頂きます。これまた美味。


▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 04:09 PM | comments (0) | trackback (x) |

麺匠パスタ馬鹿一代@西区新町
手打ちパスタがお得意のお店です。昼から通しの営業なので例えば早い目の夕食などには大変都合がよいと思います。ただテーブル席の椅子はちょっと好みではないのでお若い方以外はカウンターをお薦めします。


最近始めたという「前菜盛り合わせ」。キッシュは殆ど玉葱という一風変わったスタイルで甘い玉葱がストレートに味わえます。カポナータはフランスのラタトゥイユみたいなもの。田舎風のパテにピクルス、そしてモルタデッラにサラダ。ワインのおつまみとしてはお手ごろな価格が嬉しい。


「イカスミを練り込んだモチモチタリオリーニ、オマール海老を使った贅沢ペスカトーレ」、これはとても美味しい。


ちょっと暗かったので画像が分かり難いかも知れませんが「スパイシー子羊の煮込みとジューシー茄子のキタッラ」は手打ち麺の旨さがよく分かる逸品です。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 05:17 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋
All Rights Reserved./Skin:oct