ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Bourgogne Côte d'Or ブルゴーニュ・コート・ドール誕生

私が兼ねてから申し上げていた「ブルゴーニュ・コート・ドール」がアペラシヨン・ブルゴーニュの新たなデノミナシヨンとして先日決定、政令公布されました。

初めて提案したと記憶にあるのはこちら、シャブリ周辺だけにやたら新しいデノミナシヨンが制定されるのはおかしいと当時から不審に思っておりました。2007年12月の事ですので10年前から申し上げてきたわけですがやっと日の目を見たというか、遅すぎたブルゴーニュ・コート・ドールの誕生であります。

政令の詳細はこちらからファイルを開いてください。

Modifié et/ou complété par : の下の Cahier des charges de l'appellation d'origine contrôlée Bourgogne - B.O. n°46 du 16 novembre 2017 をクリックして「ファイルを開く」をクリックすると最新のアペラシヨン・ブルゴーニュの法令が開きます。

2017年10月30日決定、11月7日政令公布とあります。



Denomination geographique complementaire ≪Cote d’Or ≫ Vins tranquilles blancs ou rouges.

ブルゴーニュ・コート・ドールはロゼを除く赤と白のスティルワインで泡は含まれません。

≪ Cote d’Or ≫
- Dans le departement de la Cote-d’Or :
Communes entieres : Aloxe-Corton, Bligny-les-Beaune, Brochon, Chassagne-Montrachet, Chenove, Chorey-les-Beaune, Comblanchien, Corgoloin, Corpeau, Couchey, Fixin, Gevrey-Chambertin, Gilly-les-Citeaux, Ladoix-Serrigny, Marsannay-la-Cote, Morey-Saint-Denis, Puligny-Montrachet, Santenay, Vougeot.
Communes prises en partie : Auxey-Duresses, Beaune, Chambolle-Musigny, Dijon, Flagey- Echezeaux, Magny-les-Villers, Meursault, Monthelie, Nuits-Saint-Georges, Pernand-Vergelesses, Pommard, Premeaux-Prissey, Saint-Aubin, Saint-Romain, Savigny-les-Beaune, Volnay, Vosne-Romanee.
- Dans le departement de Saone-et-Loire :
Communes prises en partie : Cheilly-les- Maranges, Dezize-les-Maranges, Remigny, Sampigny-les-Maranges.
L’Institut national de l’origine et de la qualite depose, aupres des mairies des communes prises en partie, les documents graphiques etablissant la limite de l’aire geographique approuvee lors de la seance du comite national competent du 12 fevrier 2015.

ブルゴーニュ・コート・ドールの範囲はアロース・コルトン以下サンピニー・レ・マランジュに至る各コミューンの範囲内であり、INAO が2015年2月12日制定の各コミューンのアペラシヨン・ブルゴーニュの範囲に限られるということでしょう。

葡萄についての規定はコート・ドール県なので

1°- Encepagement
a) - Les vins blancs sont issus des cepages suivants :
- cepages principaux : chardonnay B, pinot blanc B ;
- cepage accessoire : pinot gris G.
b) - Les vins rouges sont issus des cepages suivants :
- cepage principal : pinot noir N ;
- cepages accessoires : chardonnay B, pinot blanc B, pinot gris G

白ワインの主要葡萄はシャルドネもしくはピノ・ブラン、補助葡萄としてピノ・グリは30%以下。赤ワインはピノ・ノワールだけで白系葡萄は混植の場合のみ許可され15%以下という栽培規定があります。

2018年ヴィンテージから登場するであろうブルゴーニュ・コート・ドール、残念なことに今までより価格高騰は必至かもしれません。
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:48 AM | comments (0) | trackback (x) |

第217回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
いつもの常連メンバーに何とうら若き女性が飛び入り参加頂き華やかな幕開けと相成りました。

先ずはピエール・ルグラのブラン・ドゥ・ブラン、グラン・クリュ・シュイイィで乾杯。日本酒は国道474号線沿いにある秋鹿の純米吟醸「歌垣」、この名前は蔵元の所在地を示します。この集落にはキリスト教教会がありその名も「歌垣教会」。


先付はアツアツの鱈白子、菊花に例えて「菊子」とも呼ばれますが一般には「雲子」。新鮮なので何とも良い香りが堪りません。


続いて口取、細魚の南蛮漬けにとびあらの天麩羅、零余子に銀杏、そして下仁田葱を焼いて味噌を添えたもの。


出ました、本日の特選素材は大分豊後水道の天然真鯛。瀬戸内の鯛ではこの味に達しません。歯応え、身のプリプリ感、そしてその身の甘さと脂の乗り、全く申し分のない天下一品であります。合わせるのはシャトー・マルゴーではなく、似たような名前のフラン・コート・ド・ボルドーの2010年、まさに飲み頃ボルドーで刺身によく合います。


続いて本日の特選素材、天然伊勢海老の具足煮。身がぎっしり詰まっているのはもちろんですが味噌の甘さが凄いのです。このお料理にはトスカーナの少し甘口白ワインがぴったり。


本日は特選素材が次々と登場、のどぐろの塩焼き。大きなのどぐろを一人前片身と云うボリューム。脂の乗りは半端なく、とろける味わい。ジャンボ酢橘添え。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:28 AM | comments (0) | trackback (x) |

ワインのコルクに漢字が!

昨日開けたワインのブションを見てびっくり、なんと漢字の印字があったのです。中国人所有のシャトーなのかと・・・




▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 12:03 PM | comments (0) | trackback (x) |

第389回ワイン大学定例会上本町7丁目コーインさん
毎年11月は恒例の白トリュフの会でしたが、その白トリュフは数年前から価格高騰が続いており、今年は異常な高値となってしまいました。

そのため「何にでもスリスリ」は急遽取り止めリゾットだけに「スリスリ」してもらうということでシェフと合意と相成りました。


本日のメイン、アルバ産の白トリュフ。大きさ形色合いなど申し分ありません。また強烈なる芳香がテーブルいっぱいに広がります。


コーインさんお得意のプレ・アミューズ、はじめに生ハムグジェールバーガー。


チーズのパイエットに一切れ載っているのは白トリュフ。


毎度おなじみ赤ピーマンのババロワ、蟹肉と生海胆も、そして白トリュフのスライスもおまけ。いつもながらお代わりしたくなるプレ・アミューズです。


グラスの器で登場したのが本日のアミューズ・グール「海の幸のカクテル」。中身は何と虎河豚と石鯛のクリュに野菜のマリネ、そして白トリュフのスライス。贅沢です。


で、こちらが前菜パテ・アンクルットと自家菜園サラダ。これにもスリスリしないはずが入ってます。

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:31 AM | comments (0) | trackback (x) |

第217回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
11月18日土曜日午後7時、道頓堀英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会開催いたします。

献立を先程頂きましたのでご案内申し上げます。

先付 菊子ポン酢

口取 細魚南蛮漬け、とびあら、零余子、銀杏、下仁田葱焼き

向付 紅葉鯛造り、あしらい一式

煮物 伊勢海老具足煮

焼物 のどぐろ塩焼き、牛蒡味噌漬け

酢物 香箱蟹酢、刻み胡瓜、酢橘、三杯酢

揚物 海老芋唐揚げ

蓋物 甘鯛酒蒸し

すし まぐろ、平目、赤貝、蒸し海老、穴子

果物 ラ・フランス

参加ご希望の方はご遠慮なくメールお願いいたします。
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 06:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋
All Rights Reserved./Skin:oct